Scene

Candlewick Official Blog

Monthly Archives: September, 2013

カタールフレンド基金 メディアブリーフィングを開催 
Qatar Friendship Fund media briefing

カタール国が東日本大震災の復興支援を目的として、2011年に設立した「カタールフレンド基金(以下QFF)」の国内でのPR活動をサポートしているキャンドルウィックは、メディアの方々により深くQFFの活動内容をご理解いただくことを目的に、2013年8月29日(木)、プレスブリーフィングを開催しました。当日は、全国紙、経済誌、および専門紙の記者の皆さま9名にお集まりいただきました。

このプロジェクト運営をサポートしているQFFチームの三菱総合研究所の林氏から、採用されたプロジェクト10案件の活動のポイントと現在の進捗状況をメディアの皆さまにご説明しました。

QFFは、資金を寄付するのみのチャリティ基金とは違い、それぞれのプロジェクト自体が東北3県の雇用の促進と地域の活性化、持続的な生産性に大きく貢献できる復興のモデルケースであることを紹介。またQFFの大きな特長として、助けが必要な方々にいち早く支援の手を差し伸べる「迅速(Speedy)」、支援期間が終わった後も、地域の力だけで、プロジェクトを運用していける「持続性(Sustainability)」、そしてより多くの日本の皆さまにカタール国およびQFFのことを知っていただくための「PR&マーケティング(Marketing)」の3つがキーワードであることをお伝えしました。

震災から3年目を迎え、復興支援に関する話題も少なくなってきていますが、QFFの支援によって、活動している各プロジェクトの方々と共に、夢と希望を届けるストーリーを紡ぎだし、メディアを通じて今後も広く発信していきます。

Qatar Friendship Fund (QFF) was established in 2011 to support the reconstruction efforts following the Great Eastern Japan Earthquake. Candlewick is tasked with improving understanding of QFF and their activities and working with local and international media. On August 29, Candlewick arranged a press briefing with nine reporters from national newspapers, economic publications and specialist magazines.

QFF’s key activities and the current status of its 10 chosen projects were explained to the attending journalists by Dr. Lim from Mitsubishi Research Institute, Inc., a member of the QFF team and involved in the management and execution of the fund.

QFF is a reconstruction model consisting of projects that can contribute to three of the northeastern prefectures, unlike other charities that only handle the donation of funds. QFF supports projects that foster employment, revitalization of cities and the sustainable development of industries following the devastating earthquake and tsunami.

Its three main characteristics are speedy, to reach out quickly to those in need, sustainability, to ensure the project can be managed within the region after the support period ends, and marketing, for QFF and Qatar to be more broadly known and understood by people of Japan.

Although the topic of reconstruction support is being discussed less and less in the media three years after the disaster, with QFF’s support, Candlewick would like to generate stories that continue to nurture the dreams and hopes of people involved in each project.

top of the page