Scene

Candlewick Official Blog

Yearly Archives: 2014

日本初上陸!『フレンチ・ランジェリー展』 開催 
Lingerie Francaise Exhibition – A first in Japan

パリを皮切りに2012年から、ロンドン、上海、ドバイ、ベルリン、ニューヨーク、トロント、モスクワと世界各国を巡回してきたフレンチ・ランジェリー展(Lingerie Francaise)が、2014年夏、東京に上陸し、9日間限定で2014年7月20日から28日まで原宿に位置するバツ・アート・ギャラリーにて開催されました。初日の20日は、一般公開に先駆け、日本でフレンチ・ランジェリーを扱う日本の代理店の皆様によるテープカットで華やかに幕を開けました。会場には10の展示ブースの他、フレンチ・シックなワードローブをイメージしたフォトコーナーが完成!沢山の方にブースの前で写真を撮っていただきました。

Originating in Paris in 2012, the Lingerie Francaise Exhibition has travelled around the world from London to Shanghai, Dubai, Berlin, New York and Moscow. In July 2014 the exhibition finally reached Japan and was held over nine days in the BA-TSU Gallery in Harajuku, Tokyo.

A ribbon cutting ceremony was held on July 20 to open the exhibition prior to public viewing. Many involved in supplying French lingerie in Japan attended. The exhibition featured 10 display cases from 100-year old corsets to the latest spring / summer collections. In addition to the historical pieces, a chic and stylish French wardrobe took pride of place at the entrance and provided the perfect spot for people to take photos and selfies.


日本の販売代理店の代表者の方々とシモーヌ・ペレール社の代表者、キャサリン・オーメン氏と
Ms. Catherine Ormen, representative of Simone Perele, along with Japanese sales agents.

22日(火)の夜は、プレス・オープニング・レセプションが行われました。この日お集まりくださったのはプレス関係者・フレンチ・ランジェリーがお好きなセレブリティの方々を含めおよそ100名。MC兼モデレーターにはパリ在住の中村江里子さんをお迎えし、キュレーターのキャサリン・オーメン女史とのトークショーが行われました。フレンチ・ランジェリーを日常に取り入れる楽しみ方をお話ししてくださいました。フレンチ・ミュージックとフレンチ・カクテル&カナッペでフレンチ・ナイトな宴となりました。

An official press reception was held on July 22 and attended by more than 100 media and invited guests. Eriko Nakamura, a freelance journalist living in Paris and former broadcaster with Fuji Television, was the evening’s emcee and moderated a talk with exhibition curator Ms. Catherine Ormen. They discussed the joys of bringing the beauty of French lingerie into people’s lives. The magical and enchanting evening was awash with French music, cocktails and canapés.


パリ在住の中村江里子さん(左)とキュレーターのキャサリン・オーメン女史(右
Left: Ms. Eriko Nakamura, Right: Ms. Catherine Ormen


モデルの久保京子さん
Ms. Kyoko Kubo, Japanese model


バレリーナの上野水香さん
Ms. Mizuka Ueno, Japanese ballerina


フレンチ・ランジェリーをイメージしたスイーツ
Sweets reflecting the image of French lingerie

一般公開の期間中も沢山の方々にお越しいただきました。
会場に足を運んでくださった皆様に、心より感謝申し上げます。
またの機会にお目にかかれますことを楽しみにしています。


フレンチ・ランジェリー協会の来日メンバー
Members of the Lingerie Francaise Association from France

 

top of the page

「ツール・ド・フランスと巡る、フランスワイン12の旅―2014」を開催 
Experiencing the 12 stages of Le Tour de France with French wines 2014

先週末、7月5日(土)・6日(日)の夕方、代官山イベントスペースにて、「ツール・ド・フランスと巡る、フランスワイン12の旅―2014」トークショーを開催しました。昨年も実施したこのイベントは、フランス農水省関連団体であるフランスアグリメールが実施するフランスワインのプロモーション“フランスワインを手にフランスを味わおう!”が、フランス全土を横断するサイクルロードレース“ツール・ド・フランス”とコラボし、実現した企画です。およそ3週間かけて約3,500㎞以上を走り抜けるコースは起伏に富んでいて、ちょうどブドウがつくられているワインの産地を巡る旅でもあります。

第2回目となった今年は、MCに山田玲奈さん、ゲストにフローラン・ダバディさん、作家の谷村志穂さん、ワイン評論家の田中克幸さんをお迎えし、今年のコースに合わせ、その土地の特徴や文化、観戦のみどころなどお話しいただきました。

また、両日で300人を超える来場者の方には、コースと重なる産地のワインと軽食が配られ、お話しとともにその土地のワインと軽食を楽しんでいただきました。今年はフランス本土でも空前のロゼブームということで、それぞれの産地からロゼをご紹介。綺麗なピンク色がテーブルを飾りました。

On July 5 and 6, a talk show event – Experiencing the 12 stages of Le Tour de France with French wines 2014 – was held in an event space in Daikanyama. The promotional event was conducted in collaboration with France Agrimer, the French Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, and followed the renowned Tour de France.

The race is like no other – taking place over three weeks and covering more than 3,500 kilometers. It sees riders cycle up mountain roads and across the French countryside, often in extreme conditions. The Tour de France passes through many wine-producing regions of France and the event introduced people to the delicious taste of those regions’ wines by following this year’s course.

For the second time, we invited Ms. Reina Yamada as emcee, together with three special guests – Mr. Florent Dabadie, writer Ms. Shiho Tanimura and wine critic Mr. Katsuyuki Tanaka. The guests discussed each region’s characteristics, culture and highlights from the race.

Following the lively discussions, over 300 attendees enjoyed wines from various Tour de France regions along with French canapés. An unprecedented rise in the popularity in France meant rose wines from each region were introduced to guests, which created a beautiful hue of color around the tables.

トークショー終了後には、そのまま“ツール・ド・フランス”のライブビューイングを実施。ワインとともに、開幕戦、2日目のレース観戦を楽しんでいただき、ワインとツール・ド・フランスの魅力をより深く知っていただける機会となりました。

This was followed by live coverage of the Tour de France. Attendees enjoyed the first and second stages of the race together. The event was a unique opportunity for all involved to learn more about the appeal of French wine, as well as the excitement and magnitude of Tour de France.

top of the page

新プロモーション“フランスワインを手にフランスを味わおう!with成城石井” プレス発表会開催 
Experience French wines with Seijo Ishii press conference

去る5月14日(水)、麻布十番にある成城石井直営のワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」にて、新プロモーション“フランスワインを手にフランスを味わおう!with成城石井”のプレス発表会を行い、約50名のプレス関係者の方々にお集まりいただきました。

私たちキャンドルウィックは、2012年よりフランス農水省の関連団体であるフランスアグリメールからの依頼で、フランスワインの12産地のPRをお手伝いしています。フランスアグリメールが展開する本キャンペーンの最も大きな特長が、12産地が一同に集まって共同でキャンペーンを展開している点です。

そこで私たちは、そのアピールポイントを最大限に訴求するため、今回ワイン販売に特に力をいれている(株)成城石井の協力を得て、3-4産地を年4回にわけて12産地全てを紹介するプロモーションを、全国の成城石井の店舗(酒類取り扱いのない店舗は除く)と成城石井直営のワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」にて、初めて開催することになりました。

このプロモーションを通じて、フランス12産地の豊かな個性と多様な美味しさを紹介し、日本の消費者にフランスワインをもっと身近に感じてもらい、日常の食卓でも気軽にフランスワインを楽しんでもらうことをねらいとしています。

また今回のプロモーションを特別に後援していただいた在日フランス大使館 企業振興部 ユビフランスからは、上席貿易官(酒類・食品担当)のダビット・ローラン様にご挨拶いただき、フランスワインにとっての日本市場の重要性についてコメントをいただきました。

参加したプレスの方々には、用意された12産地のそれぞれの個性溢れるワインに、成城石井で人気の生ハムやナッツとチーズをあわせ、それぞれのマリアージュをお楽しみいただきました。中でも普段あまり目に触れることが少ないコルシカやジュラ・サヴォアのワインに特に人気が集まりました。

On Wednesday May 14, more than 50 journalists gathered for a press conference – Experience French wines with Seijo Ishii at Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO in Azabujuban Tokyo, a wine bar directly managed by Seijo Ishii.

Since being appointed by France Agrimer, the French Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries to promote French wines from 12 regions of France, Candlewick has conducted a number of promotional campaigns. The main feature of this particular campaign was the 12 regions coming together to collaborate on a single initiative.

To drive participation, we collaborated with Seijo Ishii, an experienced and specialist importer and wine merchant. Four events are planned over the next 12 months to introduce all 12 regions, with each event focusing on three to four, in all Seijo Ishii retailers that sell alcohol, as well as at the wine bar Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO.

This campaign aims to introduce the rich characteristics and various flavors of French wines from 12 regions to enable Japanese consumers to feel closer to French wine and enjoy it at home with their meals.

David Rolland Chef de Pôle Agroalimentaire at UBIFRANCE from the French Trade Commission and the French Embassy in Japan, attended the event, greeted guests and explained the importance of the Japanese market to the French wine industry.

Attending journalists enjoyed the event and pairing of nuts, uncured ham and cheese with wines from 12 regions. Wines from Corsica and Jura and Savoie were the most popular as they are significantly harder to find in Japan.

top of the page