Scene

Candlewick Official Blog

マレーシア政府観光局3都市でプロモーションイベントを開催 
Three cities host Tourism Malaysia Promotional Events

キャンドルウィックがPRを担当している、マレーシア政府観光局主催のイベントをレポートします。キャンドルウィックは先月、東京・名古屋・福岡の3都市の各会場で、マレーシア本国より、ダト・ミルザ・モハマッド・タイヤブ総局長を迎え、旅行業界・メディア関係者に向けて開催した、2015年度観光プロモーションセミナーのイベント・オーガナイズ、メディア集客、インタビューのアレンジなどをお手伝いしました。
Last month, Candlewick supported Tourism Malaysia in running three seminars targeting the travel industry and media personnel in three different cities in Japan; namely, Tokyo, Nagoya, and Fukuoka. With Dato Mirza Mohammad Taiyab Beg, the Director General of Tourism Malaysia, flying in from Malaysia for the prestigious 2015 Tourism Promotion Seminars, Candlewick assisted the event organization, media attraction, and arrangement of interviews.

mal1

 

今回の観光セミナーでは、今年の観光プロモーションテーマである「イヤー・オブ・フェスティバル2015」にちなんで、多民族国家のマレーシアならではの年間200以上行われる多様な文化的、宗教的お祭りやイベントについて代表的なものをご紹介するとともに、最新の現地 情報や、文化・自然遺産などの豊富な観光資源の魅力などをご紹介しました。
For this series of seminars, in line with this year’s promotion theme “Year of festivals 2015”, major festivities were selected and introduced to the audience from more than 200 festivals and events held throughout the year. These festivals and events, all diverse, have unique cultural and religious roots. Latest local information and the charms of the country’s abundant tourist resources, such as cultural and natural heritage sites, were also promoted at these seminars.

mal2

 

マレーシアにはマレー、中国、インド系、先住民族という主な民族グループが存在していますが、厳密にはマレー半島とボルネオ島を合わせると84の言語と183の民族があると言われており、それぞれ独自の⾔語や宗教を持ちながら、互いの宗教や⽂化、習慣を認め合い、平和に共生している、まさに世界を代表する多民族国家といえます。
The major ethnic groups in Malaysia are known as Malay, Chinese, Indian, and indigenous tribes, but to be precise, there are 183 ethnic groups using 84 languages in the Malay Peninsula and Borneo. The people of Malaysia live peacefully and respect the religion, culture, and lifestyle of each group, while retaining their own language and religion. Malaysia is truly one of the most multiracial nations in the world.

mal3

 

セミナーに続くレセプションでは、今回来日したダト・ミルザ・モハマッド・タイヤブ総局長は、マレーシアが9年連続でロングステイ希望国の第1位に選ばれたこと(ロングステイ財団による調査)を発表しました。
また各ホテルのシェフが趣向を凝らした様々なマレーシア料理が振舞われ、航空券などがたるラッキードロー(抽選会)も行われました。
At the reception following the seminar, Dato Mirza Mohammad Taiyab Beg announced that Malaysia has won first place for nine consecutive years in the long-stay destination ranking (by the Long Stay Foundation). Colorful Malaysian cuisine, elaborately prepared by hotel chefs, were enjoyed by attendants, followed by a lucky draw (lottery) with flight tickets for the lucky winners.

mal4

 

マレーシアの安定的な人気の理由について、ダト・ミルザ総局長は以下のように語りました。「滞在する人々にとって安全で快適であること、物価などコストが安い、時差がない、穏やかな気候、日本人の口に合う食事と適切な医療など生活にとって基本的な条件を満たしていることが挙げられます。質の高いインフラが整備されており、英語が広く使われているので言葉の心配が少ない、という一面も挙げられます。滞在者が日本国籍を有している場合、最長10年(更新可能)のMM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)のビザ取得が可能です。」
Dato Mirza, the General Director, spoke of the unwavering popularity of Malaysia as a tourist destination, mentioning that “Our country meets all the basic conditions for the Japanese to visit and stay such as: being a safe and comfortable place, with low living costs, almost no time difference, having a fairly mild climate, cuisine that matches the Japanese taste buds, and appropriate medical services. The infrastructure is high quality and well established, and with the wide use of English, there is little concern regarding the language barrier. People with Japanese nationality can obtain a maximum ten year (renewable) MM2H (Malaysia My 2nd Home) visa.”

mal5

 

とても親日的な国民性といわれるマレーシア。多様な民族が共存し合うからこそ、お互いを尊重し合う姿勢が根底にはあるのだと思います。ぜひマレーシアの多様性の魅力を旅を通じて見つけてみてください。キャンドルウィックは今年も様々なマレーシアの魅力を伝えるべくPRプロモーションを行ってまいりますのでどうぞご期待ください。
Malaysia is known to be very friendly. Because of its multi-ethnic and multicultural background, Malaysians seem to know that mutual respect is crucial for communication. During your next visit to Malaysia, try finding your own charm. Do look forward for more PR promotion activities by Candlewick this year, with more messages conveying the appeal of the diverse and colorful Malaysia.