Scene

Candlewick Official Blog

ニュージーランド牧草牛 アンバサダーシェフによる調理実演イベントを大阪と東京の2会場で開催 
Exquisite New Zealand grass-fed beef – Tasting sessions held in Osaka and Tokyo with Ambassador Chef

キャンドルウィックでは、今年6月中旬に大阪と東京の2都市で開催した、ニュージーランド牧草牛の認知促進と販促を目的としたイベントの企画、運営、集客を担当しました。大阪はホテル日航大阪、東京はアンダーズ東京で開催し、食品及び飲食業界とメディアの方々を対象に、いずれも約80名の皆さまにご参加いただきました。
Candlewick provided planning, operational support, and customer invitations for New Zealand grass-fed beef events held in mid-June in Osaka and Tokyo. These events, to promote the brand recognition and further sales of New Zealand grass-fed beef in Japan, were held at Hotel Nikko Osaka and Andaz Tokyo (Toranomon Hills) respectively. Over 80 participants from the food and beverage industry and the media, gathered for each event.

boku1

 

 

ビーフ アンド ラム ニュージーランド日本代表のジョン・ハンドルビー氏による栄養価や高い安全性についての説明に続き、今年のアンバサダーシェフの一人、マーク・ソーパー氏が登場。今回のために特別に考案したニュージーランド牧草牛料理2品の調理実演を行いました。ソーパー氏は、ニュージーランドの5つ星高級ロッジ「ファレカウハウ・カントリー・エステート」の総料理長で、ご自身のレストランでは厳選した数種類の牛肉だけを使用し、良い食材を仕入れるために、農家との交流も大事にしているそうです。
Mr. John Hundleby, the Market Manager for Japan and Korea of Beef + Lamb New Zealand, first explained the high nutrition and safety levels of this branded beef. Marc Soper, one of this year’s Ambassador Chefs, was introduced to the audience and conducted a live cooking demonstration. Marc cooked two special dishes created only for this event. Marc, who is currently the Executive Chef of the Wharakauhau Estate, said that he uses selected beef at his restaurant, and also buys his ingredients from producers he is close to and trusts to provide the best.

アンダーズ東京では、52階のオープンキッチンを使わせて頂き、調理と実演を行いました。
We used the open kitchen facility on the 52nd floor of Andaz Tokyo for the live cooking session.

boku2

ソーパー氏は、「ニュージーランド牧草牛は自然に、健康に育てているので、成長しても脂肪だけが増えることがなく、肉本来の美味しさと繊細な食感が楽しめる点が大きな魅力。今回のレシピも、牧草牛本来の風味を活かす調理法と、つけ合わせを考えました。」と話し、ニュージーランド牧草牛の部位ごとの特長や調理のコツなどを詳しく解説しました。
During the demonstration, Marc explained that “New Zealand grass-fed cows are grown naturally and are very healthy. Grass-fed cows do not grow fatty after maturing, so you can enjoy the authentic taste of meat, and its delicate texture, which are both fascinating. Today’s menu was created using cooking methods that makes the meat’s original taste come through, with side dishes to enhance that effect”.

こちらが今回、ソーパー氏が特別に考案した料理2品です。
These are Marc’s two specially designed dishes.

boku3

上)ニュージーランド牧草牛 キューブロール(リブロース) パームシュガーと味噌のグレーズがけ ~すし飯のおにぎりと炒りピーナッツと香味野菜のサラダ添え~
下)ニュージーランド牧草牛 ナーベルエンドブリスケット(トモバラ)の煮込み焼き ~蕎麦とソーセージの 白菜包み、野菜天ぷらと濃厚なスープ添え~
(Upper photo) New Zealand grass-fed beef cube roll (rib eye roll) glazed with palm sugar and miso sauce, accompanied with sushi-rice onigiri and salad with roasted peanuts and herbs
(Lower photo) New Zealand grass-fed beef Master Stock Brisket (using navel-end brisket), accompanied with a Chinese cabbage roll of soba (Japanese bucket wheat noodles) and sausage, vegetable tempura in a thick soup

 

迫力ある実演の後は、ソーパー氏が料理した2皿を来場者に召し上がって頂きました。お客様からは「想像以上にさっぱりしていて、肉尽くしの料理をお腹いっぱい食べても全くもたれない」「臭みが全くなく、繊細な味わい」「これまでに食べた肉料理の中で一番おいしい!」と、嬉しい感想をたくさんいただきました。
After the powerful demonstration, the audience tasted the two dishes. Visitors praised the beef very highly with comments such as: “the meat tastes leaner than I imagined, it does not make you overly full, even after eating a stomach-full of meat dishes”, “there is no smell, and the texture is delicate”, and “this is the best meat dish I have ever had!”

続いて各ホテルが趣向を凝らした様々な部位の牧草牛料理もニュージーランドワインとともにブッフェ形式で提供され、皆様にお楽しみいただきました。
The audience stayed on to enjoy a buffet of meat dishes with other cuts of grass-fed beef cooked elaborately by the hotels, along with superb New Zealand wine.

boku4

 

キャンドルウィック社内でもファンの多い、美味しくてヘルシーなニュージーランド牧草牛。ぜひたくさんの方に召し上がって頂きたいと思っています。ニュージーランド牧草牛の取り扱い店舗はこちらでご紹介しています。ぜひお試しください!

Even within the Candlewick office, there are many fans of New Zealand grass-fed beef. Just click here to find one of many restaurants near you to try it!

 

ニュージーランド牧草牛 Website
ニュージーランド牧草牛 Facebook