Scene

Candlewick Official Blog

Yearly Archives: 2015

“ニューカレドニア スカイビーチ” SNSでも反響 ~ニューカレドニア観光局主催の消費者イベント~ 
New Caledonia Tourism’s consumer event “New Caledonia Sky Beach” stirs buzz on social networks

7月4日から14日まで、六本木ヒルズの展望台にて開催したニューカレドニア観光局主催イベント、「ニューカレドニア スカイビーチ」が終了し、総勢約17,000人を超える来場者を記録しました。
New Caledonia Tourism’s event entitled “New Caledonia Sky Beach: Resort experience at 250 meters above sea level” was held at the Sky Gallery, Roppongi Hills observation deck “Tokyo City View” from 7/4 to 7/14. More than 17,000 people in total explored the charms of this tropical paradise.

5D1

 

ニューカレドニアを五感で体感することがテーマであったこのイベントでは、特産物であるニアウリを使った爽やかなアロマの香りが会場を包み、ニューカレドニアのショートムービーの上映、フランス領であり、世界遺産のラグーンに囲まれた大自然のニューカレドニアをイメージしたネイルデザインを体験できるネイルバー、幻の島“ノカンウイ島”の白砂を実際に触ってメッセージを書いて楽しめるサンドメッセージ、ニューカレドニアの地ビールやグッズが手に入るミニバー&ブティックなど、様々な要素が詰まったイベントとなりました。

The event was designed for guests to use all five senses to experience the beauty of the archipelago. The aroma of the indigenous plant “niaouli” filled the venue as the short movie of New Caledonia was shown. Next to a nail bar providing breathtaking designs inspired from the French territory surrounded by world heritage lagoons, there was a sand message corner using the pure white sand only from Nokanhui islet, the “hidden” island, and a mini bar and boutique with local beer and goods for guests to try and take home.

来場者の方々は、初めてニューカレドニアを知る人から、ニューカレドニアが良いと聞いて旅行を計画しているカップル、既に旅行経験があり大好きな場所になりこのイベントを知って来場したという方、若い頃にハネムーンで行き、今度は中学生になる娘を連れて再来したいという家族、様々な方々が来場され、ニューカレドニアの魅力を体感していかれました。

Visitors had diverse backgrounds: those who never heard of New Caledonia, couples who were planning to visit after recommendations by friends, those who had already traveled and fallen in love with the islands and were looking forward to visiting again, and parents planning to take their junior high school daughter to their honeymoon destination after all these years. The guests all enjoyed the ambience and attraction of New Caledonia.

5D2

【写真】左から大画面でのショートムービー上映の様子。ニューカレドニア観光局xGUACAMOLEのコラボレーション水着コレクション展示。ニューカレドニアにある幻の島“ノカンウイ島”の白砂で体感するサンドメッセージ。ニューカレドニアの食品やグッズを置く、ミニバー&ブティック。

【Photos】 Clockwise from left: Visitors watching the “Revalue Yourself” short movie on the large screen; display of “New Caledonia Tourism X GUACAMOLE” collaboration swimsuits designed to reflect this tropical paradise; drawing sand messages using the pure white sand from the “hidden” Nokanhui islet; a minibar and boutique with rarities such as food and goods from New Caledonia.

有名ネイリストさん達とコラボレーションをし、ニューカレドニアをイメージしたネイルを楽しめる、ネイルバーも大人気。
Nail bar with the one-and-only nail designs inspired by New Caledonia, created in collaboration with renowned manicurists.

5D3

同階の展望台カフェ「THE SUN」にてニューカレドニア限定オリジナルメニューも販売。ニューカレドニアの特産物である“天使の海老”を丸ごと使ったサンドウィッチや、ニューカレドニアの美しい自然をイメージしたカクテルなど、期間限定のメニューを販売し、多くの来場者にニューカレドニアの食文化も楽しんでいただきました。
Guests also enjoyed original collaboration menus inspired by New Caledonia at THE SUN, the café on the observation deck, available exclusively during the event. Visitors enjoyed the event using their taste buds with sandwiches using whole New Caledonian Pacific blue prawns, a.k.a. “Angel Prawns”, and cocktails designed on the image of the archipelago’s beautiful nature.

5D4

【写真】(左上)ニューカレドニア産天使の海老プレート(左下)ニューカレドニア風デザートガレット(右上)ノンアルコールカクテル ニューカレドニア・ビーチ(右下)カクテル ニューカレドニア・モヒート
【Photo】(Top left) “Angel Prawn” plate, using the New Caledonia specialty prawns, (Bottom Left) Dessert plate with a New Caledonia style galette, (Top right) non-alcoholic cocktail named the “New Caledonia Peach”, (Bottom right) cocktail named the “New Caledonia mojito”.

イベントの様子は、各界のメディアや著名人をはじめ、多くの方々のSNSにてシェアされ、250件を超える写真が集まりました。
Various media, celebrities, and many visitors shared the event on SNS with more than 250 photos.

5D5

top of the page

ニュージーランド牧草牛 アンバサダーシェフによる調理実演イベントを大阪と東京の2会場で開催 
Exquisite New Zealand grass-fed beef – Tasting sessions held in Osaka and Tokyo with Ambassador Chef

キャンドルウィックでは、今年6月中旬に大阪と東京の2都市で開催した、ニュージーランド牧草牛の認知促進と販促を目的としたイベントの企画、運営、集客を担当しました。大阪はホテル日航大阪、東京はアンダーズ東京で開催し、食品及び飲食業界とメディアの方々を対象に、いずれも約80名の皆さまにご参加いただきました。
Candlewick provided planning, operational support, and customer invitations for New Zealand grass-fed beef events held in mid-June in Osaka and Tokyo. These events, to promote the brand recognition and further sales of New Zealand grass-fed beef in Japan, were held at Hotel Nikko Osaka and Andaz Tokyo (Toranomon Hills) respectively. Over 80 participants from the food and beverage industry and the media, gathered for each event.

boku1

 

 

ビーフ アンド ラム ニュージーランド日本代表のジョン・ハンドルビー氏による栄養価や高い安全性についての説明に続き、今年のアンバサダーシェフの一人、マーク・ソーパー氏が登場。今回のために特別に考案したニュージーランド牧草牛料理2品の調理実演を行いました。ソーパー氏は、ニュージーランドの5つ星高級ロッジ「ファレカウハウ・カントリー・エステート」の総料理長で、ご自身のレストランでは厳選した数種類の牛肉だけを使用し、良い食材を仕入れるために、農家との交流も大事にしているそうです。
Mr. John Hundleby, the Market Manager for Japan and Korea of Beef + Lamb New Zealand, first explained the high nutrition and safety levels of this branded beef. Marc Soper, one of this year’s Ambassador Chefs, was introduced to the audience and conducted a live cooking demonstration. Marc cooked two special dishes created only for this event. Marc, who is currently the Executive Chef of the Wharakauhau Estate, said that he uses selected beef at his restaurant, and also buys his ingredients from producers he is close to and trusts to provide the best.

アンダーズ東京では、52階のオープンキッチンを使わせて頂き、調理と実演を行いました。
We used the open kitchen facility on the 52nd floor of Andaz Tokyo for the live cooking session.

boku2

ソーパー氏は、「ニュージーランド牧草牛は自然に、健康に育てているので、成長しても脂肪だけが増えることがなく、肉本来の美味しさと繊細な食感が楽しめる点が大きな魅力。今回のレシピも、牧草牛本来の風味を活かす調理法と、つけ合わせを考えました。」と話し、ニュージーランド牧草牛の部位ごとの特長や調理のコツなどを詳しく解説しました。
During the demonstration, Marc explained that “New Zealand grass-fed cows are grown naturally and are very healthy. Grass-fed cows do not grow fatty after maturing, so you can enjoy the authentic taste of meat, and its delicate texture, which are both fascinating. Today’s menu was created using cooking methods that makes the meat’s original taste come through, with side dishes to enhance that effect”.

こちらが今回、ソーパー氏が特別に考案した料理2品です。
These are Marc’s two specially designed dishes.

boku3

上)ニュージーランド牧草牛 キューブロール(リブロース) パームシュガーと味噌のグレーズがけ ~すし飯のおにぎりと炒りピーナッツと香味野菜のサラダ添え~
下)ニュージーランド牧草牛 ナーベルエンドブリスケット(トモバラ)の煮込み焼き ~蕎麦とソーセージの 白菜包み、野菜天ぷらと濃厚なスープ添え~
(Upper photo) New Zealand grass-fed beef cube roll (rib eye roll) glazed with palm sugar and miso sauce, accompanied with sushi-rice onigiri and salad with roasted peanuts and herbs
(Lower photo) New Zealand grass-fed beef Master Stock Brisket (using navel-end brisket), accompanied with a Chinese cabbage roll of soba (Japanese bucket wheat noodles) and sausage, vegetable tempura in a thick soup

 

迫力ある実演の後は、ソーパー氏が料理した2皿を来場者に召し上がって頂きました。お客様からは「想像以上にさっぱりしていて、肉尽くしの料理をお腹いっぱい食べても全くもたれない」「臭みが全くなく、繊細な味わい」「これまでに食べた肉料理の中で一番おいしい!」と、嬉しい感想をたくさんいただきました。
After the powerful demonstration, the audience tasted the two dishes. Visitors praised the beef very highly with comments such as: “the meat tastes leaner than I imagined, it does not make you overly full, even after eating a stomach-full of meat dishes”, “there is no smell, and the texture is delicate”, and “this is the best meat dish I have ever had!”

続いて各ホテルが趣向を凝らした様々な部位の牧草牛料理もニュージーランドワインとともにブッフェ形式で提供され、皆様にお楽しみいただきました。
The audience stayed on to enjoy a buffet of meat dishes with other cuts of grass-fed beef cooked elaborately by the hotels, along with superb New Zealand wine.

boku4

 

キャンドルウィック社内でもファンの多い、美味しくてヘルシーなニュージーランド牧草牛。ぜひたくさんの方に召し上がって頂きたいと思っています。ニュージーランド牧草牛の取り扱い店舗はこちらでご紹介しています。ぜひお試しください!

Even within the Candlewick office, there are many fans of New Zealand grass-fed beef. Just click here to find one of many restaurants near you to try it!

 

ニュージーランド牧草牛 Website
ニュージーランド牧草牛 Facebook 

top of the page

マレーシア政府観光局3都市でプロモーションイベントを開催 
Three cities host Tourism Malaysia Promotional Events

キャンドルウィックがPRを担当している、マレーシア政府観光局主催のイベントをレポートします。キャンドルウィックは先月、東京・名古屋・福岡の3都市の各会場で、マレーシア本国より、ダト・ミルザ・モハマッド・タイヤブ総局長を迎え、旅行業界・メディア関係者に向けて開催した、2015年度観光プロモーションセミナーのイベント・オーガナイズ、メディア集客、インタビューのアレンジなどをお手伝いしました。
Last month, Candlewick supported Tourism Malaysia in running three seminars targeting the travel industry and media personnel in three different cities in Japan; namely, Tokyo, Nagoya, and Fukuoka. With Dato Mirza Mohammad Taiyab Beg, the Director General of Tourism Malaysia, flying in from Malaysia for the prestigious 2015 Tourism Promotion Seminars, Candlewick assisted the event organization, media attraction, and arrangement of interviews.

mal1

 

今回の観光セミナーでは、今年の観光プロモーションテーマである「イヤー・オブ・フェスティバル2015」にちなんで、多民族国家のマレーシアならではの年間200以上行われる多様な文化的、宗教的お祭りやイベントについて代表的なものをご紹介するとともに、最新の現地 情報や、文化・自然遺産などの豊富な観光資源の魅力などをご紹介しました。
For this series of seminars, in line with this year’s promotion theme “Year of festivals 2015”, major festivities were selected and introduced to the audience from more than 200 festivals and events held throughout the year. These festivals and events, all diverse, have unique cultural and religious roots. Latest local information and the charms of the country’s abundant tourist resources, such as cultural and natural heritage sites, were also promoted at these seminars.

mal2

 

マレーシアにはマレー、中国、インド系、先住民族という主な民族グループが存在していますが、厳密にはマレー半島とボルネオ島を合わせると84の言語と183の民族があると言われており、それぞれ独自の⾔語や宗教を持ちながら、互いの宗教や⽂化、習慣を認め合い、平和に共生している、まさに世界を代表する多民族国家といえます。
The major ethnic groups in Malaysia are known as Malay, Chinese, Indian, and indigenous tribes, but to be precise, there are 183 ethnic groups using 84 languages in the Malay Peninsula and Borneo. The people of Malaysia live peacefully and respect the religion, culture, and lifestyle of each group, while retaining their own language and religion. Malaysia is truly one of the most multiracial nations in the world.

mal3

 

セミナーに続くレセプションでは、今回来日したダト・ミルザ・モハマッド・タイヤブ総局長は、マレーシアが9年連続でロングステイ希望国の第1位に選ばれたこと(ロングステイ財団による調査)を発表しました。
また各ホテルのシェフが趣向を凝らした様々なマレーシア料理が振舞われ、航空券などがたるラッキードロー(抽選会)も行われました。
At the reception following the seminar, Dato Mirza Mohammad Taiyab Beg announced that Malaysia has won first place for nine consecutive years in the long-stay destination ranking (by the Long Stay Foundation). Colorful Malaysian cuisine, elaborately prepared by hotel chefs, were enjoyed by attendants, followed by a lucky draw (lottery) with flight tickets for the lucky winners.

mal4

 

マレーシアの安定的な人気の理由について、ダト・ミルザ総局長は以下のように語りました。「滞在する人々にとって安全で快適であること、物価などコストが安い、時差がない、穏やかな気候、日本人の口に合う食事と適切な医療など生活にとって基本的な条件を満たしていることが挙げられます。質の高いインフラが整備されており、英語が広く使われているので言葉の心配が少ない、という一面も挙げられます。滞在者が日本国籍を有している場合、最長10年(更新可能)のMM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)のビザ取得が可能です。」
Dato Mirza, the General Director, spoke of the unwavering popularity of Malaysia as a tourist destination, mentioning that “Our country meets all the basic conditions for the Japanese to visit and stay such as: being a safe and comfortable place, with low living costs, almost no time difference, having a fairly mild climate, cuisine that matches the Japanese taste buds, and appropriate medical services. The infrastructure is high quality and well established, and with the wide use of English, there is little concern regarding the language barrier. People with Japanese nationality can obtain a maximum ten year (renewable) MM2H (Malaysia My 2nd Home) visa.”

mal5

 

とても親日的な国民性といわれるマレーシア。多様な民族が共存し合うからこそ、お互いを尊重し合う姿勢が根底にはあるのだと思います。ぜひマレーシアの多様性の魅力を旅を通じて見つけてみてください。キャンドルウィックは今年も様々なマレーシアの魅力を伝えるべくPRプロモーションを行ってまいりますのでどうぞご期待ください。
Malaysia is known to be very friendly. Because of its multi-ethnic and multicultural background, Malaysians seem to know that mutual respect is crucial for communication. During your next visit to Malaysia, try finding your own charm. Do look forward for more PR promotion activities by Candlewick this year, with more messages conveying the appeal of the diverse and colorful Malaysia.

top of the page