Scene

Candlewick Official Blog

アドタイ・デイズのパネルディスカッションに参加 ~「広報の仕掛け人たち」に聞く、PRの仕事のこれから~ 
Candlewick participates in the panel discussion at AdverTimes – The masterminds of PR and the future of PR business

マーケティング・コミュニケーション業界のビジネスフォーラム「AdverTimes DAYS(アドタイ・デイズ)」が4月12日(火)・13日(水)の2日間にわたり都内で開催され、“「広報の仕掛け人たち」に聞くPRの仕事のこれから“というテーマのパネルディスカッションに、キャンドルウィックが講演者として参加しました。

“AdverTimes DAYS”, a marketing communications business forum, was held in Tokyo on April 12th and 13th and Candlewick participated as a speaker for the panel discussion “The Masterminds of PR talk about the futures of PR business”.

ado1

 

電通パブリックリレーションズの井口理さんをモデレーターとして迎え、今年3月に新創刊された書籍『広報の仕掛け人たちーPRのプロフェッショナルはどう動いたか』に登場している井之上パブリックリレーションズの横田和明さん、スパイスコミュニケーショズの佐藤裕志さん、キャンドルウィックからは中尾海音の3名がパネリストとして登壇し、それぞれの企業が取り組んできたプロジェクトの裏話やこれからの時代に求められるPRのあり方などについてディスカッションしました。面白いことに3社とも共通していたのは、PRの領域について既存の概念にとらわれずにクライアントのニーズに最大限応えるべく、クリエイティブな発想で取り組んでいる点でした。

The discussion was moderated by Mr. Tadashi Inokuchi from Dentsu Public Relations with three PR professionals featured in the book “Masterminds of PR [Koho no Shikakenin tachi] – How PR Professionals took action”, Mr. Kazuaki Yokota from Inoue Public Relations; Mr. Hiroshi Sato from Spice Communications; and Ms. Mine Nakao from Candlewick. The three panelists introduced the inside stories of the projects each agency has worked on, as well as their views on the future of the PR industry. It was interesting that they all valued “creativity” in their work to meet the client’s demands for the utmost satisfaction, and also to think beyond the box of the traditional scope of PR activities.

ado4

会場はおかげさまで立ち見の方もいらっしゃる中で成功裡に終えることができ、有意義なディスカッションのひとときになりました。『広報の仕掛け人たち』は3月の発売ながら宣伝会議が2016年に出版した本の中ではベストセラーランキング1位だそうです。ご興味のある方はぜひお手に取っていただければと思います。書籍の詳細はこちらからどうぞ。

The venue was jam-packed, with some attendees even standing to listen to the highly meaningful discussion. If the discussion piques your interest, please take a look at the book “Masterminds of PR [Koho no Shikakenin tachi]”, released in March. Though it hasn’t been long since its release, it has now become Sendenkaigi’s best-selling book for this year.

ado3