Scene

Candlewick Official Blog

Category Archives: blog

ニュージーランド牧草牛のディナーとトークショー 
New Zealand Grass-fed beef dinner and talk show

先日、ニュージーランド牧草牛のフェイスブックをご覧いただいている方とメディアの方々を対象に、ニュージーランド牧草牛の認知促進と販促を目的としたイベントが開催されました。キャンドルウィックでは、イベントの企画、コンテンツ制作、ゲスト、MCの提案にはじまり、イベント進行、応募者管理、SNSでの拡散のしかけなど、幅広く行わせていただきました。
Fans of the New Zealand Grass-fed Beef Facebook page and selected media were recently invited to an event to raise awareness and promote sales of New Zealand Grass-fed beef. Candlewick supported this event from start to finish by planning, creating contents, proposing guests and arranging an MC, actual event management, planning and sending invitations, and promoting the event to the general public via SNS.

 

イベントでははじめに、ビーフ アンド ラム ニュージーランド日本代表のジョン・ハンドルビーさんより、ニュージーランド牧草牛がヘルシーで栄養豊富な理由、そして高い安全性の根拠についてのご説明があり、穀物牛よりも鉄分が豊富で、片手サイズのお肉で一日に必要な鉄分の半分が取れること、穀物牛に比べてカロリーは62%と低いことなどといった、豆知識とともに、よりニュージーランド牧草牛の魅力を理解していただきました。
First, John Hundleby, the Japan Market Manager for Beef + Lamb New Zealand, explained to the audience about the strengths of New Zealand Grass-fed beef. The beef is healthy and nutritious, and grown under very high safety standards. The meat is very rich in iron, with almost half of a daily adult intake of iron in just one handful-sized portion of meat. The same amount of grain-fed beef has more calories and less iron. The audience were happy to receive this educative information about the clear benefits of grass-fed beef.

nzb1

 

続いて、コラムニストの中村孝則さんが登場し、トークショーを行いました。これまで30回以上ニュージーランドへ行ったことがあるという中村孝則さんは、趣味の釣りの体験を通して、ニュージーランドが環境保護に非常に厳しい基準を持ち、それを遵守しようとする国民性が素晴らしく、世界が見習うべき姿勢であるとお話されました。
Following the keynote speech, columnist Takanori Nakamura appeared on stage for a talk show. Mr. Nakamura, with experience of traveling to New Zealand more than 30 times, talked about the extremely strict standards in New Zealand for protecting the environment, which he learned through his hobby fishing during his visits. He showed very high respect for the Kiwis’ (New Zealanders’) strong commitment in keeping those standards, saying that it is an attitude that everybody around the world should take on.

nzb2

 

また、中村さんは世界ベストレストラン50の日本評議委員長であり、レストランの潮流を目の当たりにしておられる立場から、現在トップシェフといわれる料理人は、好んで赤身肉を使う傾向にあること、また、肉の産地にこだわることはもちろん、その肉がどんな環境で、何を食べて育ってきたかが非常に注目されるようになってきたという現状を解説。厳重に管理された自然環境の中で、ストレスフリーに育ったニュージーランド牧草牛はまさに今後注目されるべき食材です、と結んでくださいました。
Mr. Nakamura is also the Japan Chair of The Diners Club ® World’s Best 50 Restaurants Academy. He has deep insight into restaurant trends around the globe. He mentioned that many of the Top Chefs prefers using red meat. The chefs are very keen and focused on not only where the cows were raised, but the details of the environment, and what they ate. Mr. Nakamura concluded that New Zealand Grass-fed beef, where cows are raised stress-free in strictly managed natural environments, will surely attract strong attention in the near future.

 

トークショーに続いてホテルのシェフが腕をふるったニュージーランド牧草牛料理8品とラム料理2品が提供され、お料理はテンダーロイン(ヒレ)のパイ包み焼きやチャックロール(かたロース)のしゃぶしゃぶなど、全て異なる部位の肉の特長を生かした調理法が工夫され、大好評でした。
After the talk show, dishes of deliciously cooked New Zealand Grass-beef (8 dishes) and lamb (2 dishes) were served. These were all prepared by hotel chefs using methods that make that specific cut of meat taste its best. Participants enjoyed delicacies such as tenderloin (fillet) roast wrapped in pie pastry and shabushabu (parboiled beef pot) using chuck roll (shoulder roast cut).

nzb3

 

また、当日は、自身のSNSでイベントの様子をアップしていただくことを条件に、120名の皆さまにご参加いただき、SNS上で、「#ニュージーランド牧草牛」で80件以上の投稿が集まるなど、盛り上がりました。
120 participants came to the event, under the condition that they upload photos and reports of the event onto their SNS pages. More than 80 posts were uploaded under the hashtag “#NewZealandGrass-fedBeef”, creating buzz around this exciting event.

nzb4

弊社では引き続き、ニュージーランド牧草牛をより多くの皆様にお召し上がりいただけるよう、今後も様々なPR・販促活動を展開していきます。
Candlewick will continue various PR and sales promotion activities for this fabulous New Zealand Grass-fed beef, so more and more people will come to know its wonderful taste!

top of the page

デ・マミエールの新スキンケアライン “ボタニークス” プレス発表会 
The latest de Mamiel skincare line “botaniques” unveiled to the media

日々のストレスがもたらすバランスや調和の欠如に立ち向かう現代人に必要な、全く新しい“心と肌のケア”を提案するウェルビーイング スキンケアブランド de Mamiel(デ・マミエール)。2010年にイギリス・ロンドンの施術ルームからスタートしたこちらのブランドに、キャンドルウィックでは、ブランディングから店舗販売促進、PR活動に携わり、昨年12月に日本でローンチしました。

“de Mamiel” is a well-being skincare brand that proposes a totally new “care of the heart and skin”, which is essential for modern people who have to overcome the loss of balance and wholeness caused by everyday stress. The UK skincare brand was created in 2010 by Annee de Mamiel, an acupuncturist, aromatherapist and healing holistic facialist. She started the line from her treatment room in London. Candlewick has been supporting de Mamiel with its branding, distribution, PR and finally the brand launch in Japan in December 2014.

 

ローンチ以来徐々に注目を集め始めていたデ・マミエールから、2015年秋、トータルスキンケアライン botaniques (ボタニークス)が日本上陸するはこびとなり、先日プレス向け発表会を行いました。表参道から程近い会場で行われた発表会にて、キャンドルウィックはイベントの企画から会場装飾、イベントの進行など多岐に渉って担当しました。その様子をご紹介します。

A press event was held recently by the brand, which is steadily building its’ brand recognition in Japan, to mark its launch of the 2015 autumn total skincare line “botaniques”. Candlewick supported the event, which was held at a venue nearby Omotesando station, from planning, interior design, through to the actual day of the event.

dmb1

 

こちらが会場の様子。世界中から厳選された地球由来成分を、ひとつひとつハンドメイドでブレンドしているデ・マミエールのブランドイメージに合わせて、植物のパワーを感じさせるディスプレイ。
This is the venue. The display was coordinated so the guests could feel the powerful vibes of the plants, aligned with the image of the “de Mamiel” brand, which is known to hand-blend strictly selected natural materials from around the world.

dmb2

 

ブランド創始者 アニー・デ・マミエールの自宅に招かれたようなアットホームなイメージを出すため、あえて少人数のセミナー方式に。アニーがソファーに座ると、リラックスしたムードでトークショーが始まりました。今回イベントのために初来日したアニーは、初めて日本のプレス関係者の前で、デ・マミエール ブランドや自分自身のライフスタイルについて語りました。
The chairs were put in the shape of a small group seminar-style, so the visitors could feel like they came to founder Annee de Mamiel’s home to learn her secrets. The talk show began after Annee was seated on the comfortable sofa, in a relaxed mood. Annee, on her first visit to Japan, talked for the first time before the Japanese media about her de Mamiel brand and her own lifestyle.

dmb3

 

朝・晩のスキンケアを、単なる美容としてのアプローチだけではなく、自分自身と向かい合うリチュアル(儀式)と捉え、リラックスして自分を取り戻す時間としてほしい、というアニーの想いから、実際に製品を使用し、呼吸法のレクチャーも行いました。
Annee provided a lecture using actual products, and advised on breathing techniques. She encouraged the audience to change their perception of the morning/evening skincare from a simple beauty habit to a self-counseling ritual, saying the ritual would be a precious time one could relax and be themselves again.

dmb4

 

トークショーの後は、テスタールームへ移動し、実際に新製品をお試しいただけるスペースを設けました。アニーが特におすすめするアイテムや、その原料や使い方について説明がありました。
Participants were led to the testing room after the talk show to try out the product line. Annee and the staff advised the participants on their most recommended items, the ingredients, and how to apply them.

dmb5

 

最後に、デ・マミエール ブランド創立の地であるイギリスの伝統料理を参考にしたフィンガーフードと、ティーやシャンパンで、アニーとティータイムをお楽しみいただきました。
Last but not least, Annee and the visitors enjoyed a tea break with finger food inspired from traditional British dishes (the country where de Mamiel was founded), with tea and champagne.

dmb6

 

日々忙しい現代女性に向けて、心と肌をケアするスキンケアを提唱するデ・マミエール。
11月発売予定のボタニークス スキンケアラインで、ストレスを解放し、心を豊かに内側から輝く肌を手に入れて。
The skincare brand de Mamiel proposes a holistic approach to both the heart and the skin, to busy modern women. Its latest “botaniques” skincare line, in stores from November, could be your best solution to easing your daily stress, and creating glowing skin from a rich and relaxed soul.

de Mamiel Official Website

top of the page

「ことりっぷ ニューカレドニア」出版記念トークイベント 
@代官山 蔦屋書店 
“Co-Trip New Caledonia” Launch Event at Tsutaya

 

先月、「ことりっぷ ニューカレドニア」の出版およびニューカレドニアの魅力を広めることを目的として、代官山 蔦屋書店にて出版記念トークイベントを行いました。
A talk show event upon the publication of the latest installment of the popular guidebook series, “Co-trip New Caledonia” was held at Daikanyama Tsutaya Books last month. Talk show guests talked about the many attractions of this beautiful country.

koto1

キャンドルウィックでは、イベントのコンテンツ作りから、プレゼンテーションの作成、イベント運営、集客、問い合わせ事務局まで、一貫した業務を行ないました。
Candlewick planned this event from start to finish, which included creating contents and presentations, managing and executing the event, inviting the audience, and handling all media and customer inquiries.

イベントでは、ニューカレドニアのショートムービーの上映や観光親善大使田丸麻紀さんと旅行コンシェルジュ荒木左地男さんによるトークショーを開催し、田丸さんのトークショーでは、息子さんとのファーストトリップとなったニューカレドニア旅行の秘話や、オススメスポット、レストランやお土産などを紹介していただきました。
Short movies on New Caledonia were shown before the talk show with Ms. Maki Tamaru, New Caledonia’s PR Ambassador, and Mr. Sachio Araki, a writer and travel concierge. Ms. Tamaru shared her first-trip experience with her son to New Caledonia along with some secret side stories, recommended spots, restaurants and must-buy souvenirs.

当日は雨が降り足元の悪い中、見事抽選に当選した約50名の方が参加され、参加者の中には「今週土曜からニューカレドニアに行くのです!」「毎年年末をニューカレドニアで過ごしています」といった嬉しい声があり、年間のPR活動を通して、ニューカレドニアの知名度、需要が増加しているのを感じました。
Even though it rained continuously on the day of the event, around fifty guests attended, all chosen by lottery, with some bringing exciting news such as “I am going to New Caledonia on Saturday!” and “I always spend the New Year’s vacation in New Caledonia”. These positive comments showed that the name value of this wonderful destination, and demand to visit New Caledonia is increasing thanks to our PR efforts throughout 2015.

koto2

 

また、参加者の皆様にはイベントの様子をSNSでアップしていただきました!
参加者のSNSはこちらです。ぜひご覧ください。
Members of the audience posted their reports on the event via various SNS and blog pages as below:

http://ameblo.jp/momoiropoppy/entry-12071031151.html
https://www.facebook.com/erika.nagaoke
https://www.facebook.com/masashi.ogawa.79/posts/874091569340962?pnref=story
http://ameblo.jp/kkaorink85/entry-12070912830.html
http://ameblo.jp/maiguren/entry-12071086718.html
http://guruyaku.jp/news/article/2015/09/09/1380.html?utm_conte750/timeline/

top of the page