Scene

Candlewick Official Blog

Category Archives: blog

ストッケ ステップス発表会 
Stokke Steps Launch Party

先日9月2日にノルウェーのベビー用品ブランド ストッケの革新的な新商品、ストッケ ステップスの発表会を南青山で開催しました。

On Tuesday, a launch party was held in Minami Aoyama for Stokke, the high quality baby products and accessories brand from Norway, to introduce their latest innovative product Stokke Steps.

今回の新製品は、バウンサーとハイチェアを組み合わせた”オールインワンシーティングシステム”という画期的なアイディアから生まれた製品です。パーツを組み合わせることで、お誕生後すぐから10歳頃まで様々なシーンで長く使えるこの商品は、北欧生まれならではの高いデザイン性を兼ね備え、インテリアとしても馴染みます。

The product is based on a revolutionary concept – an all-in-one seating system that combines a bouncer with a high chair. By combining various parts together, the seating system can be used for children from birth all the way through to the age of 10. In addition to its innovative products, its Scandinavian origin means not only high quality, but also a design that blends in perfectly with your interior surroundings.

会場では、センプレさんの協力を得て、様々なシーンにてステップスのある素敵なインテリアを見せるため、ルームセットを作りこみました。

To showcase the wonderful design and the ability of Stokke Steps to blend perfectly with interior surroundings, a room was created at the venue with the help of leading furnishings shop, SEMPRE.

また「北欧のホームパーティー」をテーマに、ノルウェーコーヒーのフグレン、オーガニックにこだわったケータリングのママルリさんに北欧風のお料理を用意していただきました。

A Scandinavian ‘home party’ environment was created for guests with Norwegian coffee prepared by Fuglen Tokyo and food by organic catering service Mama Luli.

 

第1部は、プレママやママの皆さんとベビー&キッズにお集まりいただき、総勢40名以上の賑やかな会となりました。やはり皆さまの関心は、新商品の使い心地のようで、バウンサーやチェアにお子さまを座らせてみたり、使い方についてスタッフに熱心に質問されている方の姿が多く見受けられました。参加者の方々からは「バウンサーと椅子が一緒になるアイデアに驚いた」「バウンサーの揺れが本当に心地良いみたい」「10歳頃まで長く使えるのがいいですね」といった声が聞かれました。

The launch proved to be a very lively party with more than 40 guests in attendance – a mixture of mums-to-be and mums with babies and toddlers. Everyone was able to try out the bouncer and chair, enthusiastically asking questions about all of Stokke’s other products. Some guests commented, “I was surprised by the idea of combining a bouncer and chair together; it seems very comfortable for the baby; it is great that you can use it for children up to 10 years old.”

最後に集合写真をパシャリ。みなさん、ストッケブランドの”子どもの目線を第一に考えた製品づくり”というコンセプトに共感をしてくださり、製品を愛用されていることを実感しました。

A group photo shows the genuine support for the brand and Stokke’s philosophy, ‘In the best interest of the child.’

第2部はプレスの方々をご招待し、ビジネスにフォーカスしたお話しをさせていただきました。両セッションとも、第3者のお立場から、子どもと食卓を囲むことの大切さや、一人一人の成長にあった環境づくりの重要性を、元幼稚園教諭で現在は出張料理人として活躍されているマカロン由香さんにお話しいただきました。実際に保育の現場で子どもと向き合ったご経験と、現在7か月のお子さまのママでもいらっしゃるご自身のお話しには説得力があり、参加者の皆さんは一同に聞き入っていらっしゃいました。

During the second half of the party, journalists were invited to listen to a presentation to learn more about Stokke’s business and its success. Two sessions were held featuring Ms. Yuka Macaron who shared her experiences as a kindergarten teacher and in her current role as a private chef, talked about the importance of sitting together with children at the dining table to create a suitable environment for them. As a mother of a 7-month old child, the entire audience listened carefully to her captivating talk and meaningful words.

メディアとブロガーの方々も誘致した結果、ブログやインスタグラムといったSNSやウェブで情報を拡散することができ、10月1日の発売前に、新商品に関する話題を盛り上げることが出来ました。

Lively discussions took place on social media platforms such as Instagram with journalists and bloggers leading up to the October 1 launch.

top of the page

日本初上陸!『フレンチ・ランジェリー展』 開催 
Lingerie Francaise Exhibition – A first in Japan

パリを皮切りに2012年から、ロンドン、上海、ドバイ、ベルリン、ニューヨーク、トロント、モスクワと世界各国を巡回してきたフレンチ・ランジェリー展(Lingerie Francaise)が、2014年夏、東京に上陸し、9日間限定で2014年7月20日から28日まで原宿に位置するバツ・アート・ギャラリーにて開催されました。初日の20日は、一般公開に先駆け、日本でフレンチ・ランジェリーを扱う日本の代理店の皆様によるテープカットで華やかに幕を開けました。会場には10の展示ブースの他、フレンチ・シックなワードローブをイメージしたフォトコーナーが完成!沢山の方にブースの前で写真を撮っていただきました。

Originating in Paris in 2012, the Lingerie Francaise Exhibition has travelled around the world from London to Shanghai, Dubai, Berlin, New York and Moscow. In July 2014 the exhibition finally reached Japan and was held over nine days in the BA-TSU Gallery in Harajuku, Tokyo.

A ribbon cutting ceremony was held on July 20 to open the exhibition prior to public viewing. Many involved in supplying French lingerie in Japan attended. The exhibition featured 10 display cases from 100-year old corsets to the latest spring / summer collections. In addition to the historical pieces, a chic and stylish French wardrobe took pride of place at the entrance and provided the perfect spot for people to take photos and selfies.


日本の販売代理店の代表者の方々とシモーヌ・ペレール社の代表者、キャサリン・オーメン氏と
Ms. Catherine Ormen, representative of Simone Perele, along with Japanese sales agents.

22日(火)の夜は、プレス・オープニング・レセプションが行われました。この日お集まりくださったのはプレス関係者・フレンチ・ランジェリーがお好きなセレブリティの方々を含めおよそ100名。MC兼モデレーターにはパリ在住の中村江里子さんをお迎えし、キュレーターのキャサリン・オーメン女史とのトークショーが行われました。フレンチ・ランジェリーを日常に取り入れる楽しみ方をお話ししてくださいました。フレンチ・ミュージックとフレンチ・カクテル&カナッペでフレンチ・ナイトな宴となりました。

An official press reception was held on July 22 and attended by more than 100 media and invited guests. Eriko Nakamura, a freelance journalist living in Paris and former broadcaster with Fuji Television, was the evening’s emcee and moderated a talk with exhibition curator Ms. Catherine Ormen. They discussed the joys of bringing the beauty of French lingerie into people’s lives. The magical and enchanting evening was awash with French music, cocktails and canapés.


パリ在住の中村江里子さん(左)とキュレーターのキャサリン・オーメン女史(右
Left: Ms. Eriko Nakamura, Right: Ms. Catherine Ormen


モデルの久保京子さん
Ms. Kyoko Kubo, Japanese model


バレリーナの上野水香さん
Ms. Mizuka Ueno, Japanese ballerina


フレンチ・ランジェリーをイメージしたスイーツ
Sweets reflecting the image of French lingerie

一般公開の期間中も沢山の方々にお越しいただきました。
会場に足を運んでくださった皆様に、心より感謝申し上げます。
またの機会にお目にかかれますことを楽しみにしています。


フレンチ・ランジェリー協会の来日メンバー
Members of the Lingerie Francaise Association from France

 

top of the page

「ツール・ド・フランスと巡る、フランスワイン12の旅―2014」を開催 
Experiencing the 12 stages of Le Tour de France with French wines 2014

先週末、7月5日(土)・6日(日)の夕方、代官山イベントスペースにて、「ツール・ド・フランスと巡る、フランスワイン12の旅―2014」トークショーを開催しました。昨年も実施したこのイベントは、フランス農水省関連団体であるフランスアグリメールが実施するフランスワインのプロモーション“フランスワインを手にフランスを味わおう!”が、フランス全土を横断するサイクルロードレース“ツール・ド・フランス”とコラボし、実現した企画です。およそ3週間かけて約3,500㎞以上を走り抜けるコースは起伏に富んでいて、ちょうどブドウがつくられているワインの産地を巡る旅でもあります。

第2回目となった今年は、MCに山田玲奈さん、ゲストにフローラン・ダバディさん、作家の谷村志穂さん、ワイン評論家の田中克幸さんをお迎えし、今年のコースに合わせ、その土地の特徴や文化、観戦のみどころなどお話しいただきました。

また、両日で300人を超える来場者の方には、コースと重なる産地のワインと軽食が配られ、お話しとともにその土地のワインと軽食を楽しんでいただきました。今年はフランス本土でも空前のロゼブームということで、それぞれの産地からロゼをご紹介。綺麗なピンク色がテーブルを飾りました。

On July 5 and 6, a talk show event – Experiencing the 12 stages of Le Tour de France with French wines 2014 – was held in an event space in Daikanyama. The promotional event was conducted in collaboration with France Agrimer, the French Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, and followed the renowned Tour de France.

The race is like no other – taking place over three weeks and covering more than 3,500 kilometers. It sees riders cycle up mountain roads and across the French countryside, often in extreme conditions. The Tour de France passes through many wine-producing regions of France and the event introduced people to the delicious taste of those regions’ wines by following this year’s course.

For the second time, we invited Ms. Reina Yamada as emcee, together with three special guests – Mr. Florent Dabadie, writer Ms. Shiho Tanimura and wine critic Mr. Katsuyuki Tanaka. The guests discussed each region’s characteristics, culture and highlights from the race.

Following the lively discussions, over 300 attendees enjoyed wines from various Tour de France regions along with French canapés. An unprecedented rise in the popularity in France meant rose wines from each region were introduced to guests, which created a beautiful hue of color around the tables.

トークショー終了後には、そのまま“ツール・ド・フランス”のライブビューイングを実施。ワインとともに、開幕戦、2日目のレース観戦を楽しんでいただき、ワインとツール・ド・フランスの魅力をより深く知っていただける機会となりました。

This was followed by live coverage of the Tour de France. Attendees enjoyed the first and second stages of the race together. The event was a unique opportunity for all involved to learn more about the appeal of French wine, as well as the excitement and magnitude of Tour de France.

top of the page