Scene

Candlewick Official Blog

Category Archives: blog

新プロモーション“フランスワインを手にフランスを味わおう!with成城石井” プレス発表会開催 
Experience French wines with Seijo Ishii press conference

去る5月14日(水)、麻布十番にある成城石井直営のワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」にて、新プロモーション“フランスワインを手にフランスを味わおう!with成城石井”のプレス発表会を行い、約50名のプレス関係者の方々にお集まりいただきました。

私たちキャンドルウィックは、2012年よりフランス農水省の関連団体であるフランスアグリメールからの依頼で、フランスワインの12産地のPRをお手伝いしています。フランスアグリメールが展開する本キャンペーンの最も大きな特長が、12産地が一同に集まって共同でキャンペーンを展開している点です。

そこで私たちは、そのアピールポイントを最大限に訴求するため、今回ワイン販売に特に力をいれている(株)成城石井の協力を得て、3-4産地を年4回にわけて12産地全てを紹介するプロモーションを、全国の成城石井の店舗(酒類取り扱いのない店舗は除く)と成城石井直営のワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」にて、初めて開催することになりました。

このプロモーションを通じて、フランス12産地の豊かな個性と多様な美味しさを紹介し、日本の消費者にフランスワインをもっと身近に感じてもらい、日常の食卓でも気軽にフランスワインを楽しんでもらうことをねらいとしています。

また今回のプロモーションを特別に後援していただいた在日フランス大使館 企業振興部 ユビフランスからは、上席貿易官(酒類・食品担当)のダビット・ローラン様にご挨拶いただき、フランスワインにとっての日本市場の重要性についてコメントをいただきました。

参加したプレスの方々には、用意された12産地のそれぞれの個性溢れるワインに、成城石井で人気の生ハムやナッツとチーズをあわせ、それぞれのマリアージュをお楽しみいただきました。中でも普段あまり目に触れることが少ないコルシカやジュラ・サヴォアのワインに特に人気が集まりました。

On Wednesday May 14, more than 50 journalists gathered for a press conference – Experience French wines with Seijo Ishii at Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO in Azabujuban Tokyo, a wine bar directly managed by Seijo Ishii.

Since being appointed by France Agrimer, the French Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries to promote French wines from 12 regions of France, Candlewick has conducted a number of promotional campaigns. The main feature of this particular campaign was the 12 regions coming together to collaborate on a single initiative.

To drive participation, we collaborated with Seijo Ishii, an experienced and specialist importer and wine merchant. Four events are planned over the next 12 months to introduce all 12 regions, with each event focusing on three to four, in all Seijo Ishii retailers that sell alcohol, as well as at the wine bar Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO.

This campaign aims to introduce the rich characteristics and various flavors of French wines from 12 regions to enable Japanese consumers to feel closer to French wine and enjoy it at home with their meals.

David Rolland Chef de Pôle Agroalimentaire at UBIFRANCE from the French Trade Commission and the French Embassy in Japan, attended the event, greeted guests and explained the importance of the Japanese market to the French wine industry.

Attending journalists enjoyed the event and pairing of nuts, uncured ham and cheese with wines from 12 regions. Wines from Corsica and Jura and Savoie were the most popular as they are significantly harder to find in Japan.

top of the page

いよいよスタート!2014年 『マレーシア観光年』 
It’s finally here – Visit Malaysia! 2014

2014年の年明けとともに、いよいよ「マレーシア観光年」がスタートしました。本年度、マレーシア政府は2,800万人の観光客および7,600億リンギット(約2兆2,800億円)の歳入獲得を目標に掲げ、年間を通じて200を超えるイベントや祭典を開催し観光誘致に取り組みます。去る1月4日には、観光年のスタートを記念し、首都クアラルンプールにておよそ5万人の観衆が集まり盛大な記念式典が開催されました。観光年のキャンペーンテーマは、“One Malaysia Truly Asia” (マレーシアで本物のアジアを体験しよう)。キャンドルウィックは今年1月から2年間に渡り、日本におけるマレーシア政府観光局のPR業務を担当することになりました。

This year is the start of the latest Visit Malaysia! Campaign to lure tourists and investment to the country.

More than 200 events and festivals will be held this year to attract visitors. On January 4, Kuala Lumpur, the capital of Malaysia, held a prosperity ceremony that drew close to 50,000 people. This year’s campaign title is Malaysia, Truly Asia and Candlewick is honored to be working with Malaysia Tourism Promotion Board in support of its PR activities in Japan.

1月15日(水)、報道関係者と観光業界関係者およそ150名を招待し ザ・ペニンシュラ東京(千代田区有楽町)で新年会を開催しました。 キャンドルウィックは、メディアの招待やイベント企画・運営ディレクション全般を担当させて頂きました。

On January 15, a New Year party was held and approximately 150 representatives from the media and the tourism industry were invited to The Peninsula Tokyo Hotel to join in the celebrations. Candlewick oversaw the invitations, overall planning and execution of the event.


マレーシア新春懇親会 ザ・ペニンシュラ東京内会場の様子
Malaysian New Year social gathering at The Peninsula Tokyo Hotel

新年会は在日マレーシア大使によるウェルカムスピーチでスタート。続いて、この日のためにマレーシア東部に位置するサバ州から来日したサバ州観光文化環境大臣がマレーシアの魅力について熱く語りました。

The event opened with a welcome speech given by the Ambassador of Malaysia to Japan. The Minister of Tourism, Culture and Environment of Sabah (located in East Malaysia) flew in to join the celebrations and talked passionately about the attractions and allures of Malaysia.


(左)ダト・シャハルディン・モハマッド・ソム在日マレーシア大使
(右)ダト・スリ・パンリマ・マシディ・マンジュン サバ州観光文化環境大臣
(Left) H.E. Dato’ SHAHARUDDIN bin Md Som, Ambassador of Malaysia to Japan
(Right) Y.B. Datuk Seri Panglima Masidi Manjun, the Minister of Tourism, Culture and Environment of Sabah

プレゼンの後は、ペニンシュラのエグゼクティブシェフによるビュッフェ料理をご提供。もちろんその中にはマレーシア料理も多数ご用意。多民族国家・マレーシアの料理には、マレー料理の他、中華、インド料理もあり、多民族・多文化であることを表しており、かつ万人ウケしやすい独特の美味しさがあります。

Following a brief presentation, the hotel’s executive chefs prepared a buffet style dinner including numerous Malaysian dishes. Malaysian cuisine consists of Malay, Chinese, Indian food and “Nyonya” a fusion of Malay and Chinese food and its’ unique flavors are enjoyed by many people around the world.


(左)ナシアヤム (右)ラクサレマック&ロティチャナイ
(Left) Nasi ayam (Right) Laksa lemak & Roti canai


(左)チキンサティー&ビーフカレーパフ (右)鱸のスチームとサバスタイルの野菜
(Left) Chicken satay & Beef curry puff (Right) Japanese sea bass steam and Sabah-style vegetables


(左)ニョニャ風 炒飯 (右)バナナとサゴ入りココナッツミルク
(Left) Nyonya style fried rice (Right) Coconut milk with Banana and Sago

そしてこちらは、マレーシア観光年マスコットキャラクターである天狗ザルの「テンちゃん」。マレーシアのボルネオ島にしか生息しない希少動物です。今後マレーシアのPRを一緒に盛り上げていきます。

Visit Malaysia’s mascot is a proboscis monkey, it’s called “Ten-chan” as his nickname in Japan – an endangered animal that only inhabits the island of Borneo. Together they will liven up promoting Malaysia!


マスコットキャラクターの『テンちゃん』
Visit Malaysia!’s mascot Ten-chan

歓談中には、お年玉抽選会も開催!見事1等賞を獲得したお客様には、マレーシア往復航空券がプレゼントされました。

A lottery was held during the evening and one lucky guest won first prize – a return trip to Malaysia.

最後は、笑顔が素敵なマレーシア政府観光局のアズラン日本局長より閉会のご挨拶。その中でマレーシア政観の公式PR代理店としてキャンドルウィックもご紹介くださりました。

Mr. Azlan, Director of Tourism Malaysia Tokyo, gave a closing speech and introduced Candlewick as the official PR agency for the Malaysian Tourism Bureau in Japan.


(左)マレーシア政府観光局 ノール・アズラン・アブ・バカール日本局長
(右)キャンドルウィック代表取締役 シルベスタ典子
(Left) Mr. Noor Azlan Abu Bakar, Director, Tourism Malaysia Tokyo
(Right) Noriko Silvester, Director, Candlewick

マレーシアは美しい自然にはじまり、多民族国家ならではの多種多様な文化、おもてなしの心をもつ朗らかな国民性など、まだまだ私たちが知らない魅力で満ち溢れています。それらの魅力を余すことなく日本の皆さまにお伝えできるよう、キャンドルウィック一同PR活動に励んで参ります。ぜひ今後のキャンペーン情報をお見逃しなく。

Malaysia is full of wonders and wonderful characteristics, such as its beautiful nature and diverse culture. This exceptional multiracial nation is bright and cheerful and one with a heart of omotenashi. Candlewick will do its best to show everyone those characteristics through various PR activities. Don’t miss out on upcoming programs.

● マレーシア政府観光局公式サイト(日本語)
Tourism Malaysia official website (Japanese)
www.tourismmalaysia.or.jp

● マレーシア政府観光局公式Facebook
Tourism Malaysia official Facebook page
www.facebook.com/tourismmalaysia.japan

● 2014年マレーシア・トゥルーリ―・アジア・プロモーションビデオ
2014 Malaysia Truly Asia promotion video
blog.malaysia-asia.my/2014/01/malaysia-truly-asia-video-2014-by-yuna.html 

● 2014年マレーシア観光年公式テーマソング
2014 Tourism Malaysia official theme song
www.youtube.com/watch?v=0HDcO1szjEQ

top of the page

ミーレが提唱する洗濯の考え方“トータルランドリーケア”を伝えるプレスイベントを開催 
Total Laundry Care – A press event to introduce Miele’s concept

11月22日(金)、ドイツの高級家電ブランド「ミーレ」が、直営ショールーム、ミーレ・センター目黒で、 “大切な衣類のケアを楽しもう”というテーマでプレスイベントを開催しました。キャンドルウィックは、企画・プレス誘致・運営をお手伝いしました。

オリジナルの洗剤を研究・開発・販売しているミーレは、ランドリーケアを、洗濯機・乾燥機・洗剤まで総合的に考える唯一の家電ブランドです。今回のイベントでは、『衣類の洗い上がりは時間、温度、機械力、洗剤力によって決定する』というミーレの”トータルランドリーケア”についてお伝えしました。

ゲストスピーカーは、洗濯アドバイザーの中村祐一さんです。中村さんはクリーニング店の3代目として、毎日お客様に接する中で、洗濯に関する基本的な知識が意外と知られていないことに気づき、インターネットで洗濯に関する質問に答えるようになり、現在では洗濯王子として各方面でご活躍されています。

On Friday November 22, high-end German electronics consumer brand Miele held a press event titled, Enjoy taking care of your important clothes at their showroom, Miele Center Meguro. Candlewick was responsible for the overall planning and execution of the event and securing media attendance.

Miele researches, develops and sells its own washing powder. They are the only electronics brand that believes laundry care involves all components, not only the washing machine and dryer, but equally important, the washing powder. Miele’s Total Laundry Care concept is accompanied by the message; the quality of your washing depends upon the time, the temperature, the power of the machine and the washing powder.

Mr. Yuichi Nakamura was invited as a guest speaker, who first started in the industry as a third generation dry cleaning storeowner. Speaking to customers everyday he came to realize that the basic fundamentals of laundry were not widely known. He started to answer questions online, which made him so popular in various circles that he was given the nickname the ‘Laundry Prince.’


洗濯アドバイザーの中村祐一さん
Mr. Yuichi Nakamura, the ‘Laundry Prince’

中村さんは、「ミーレは自宅に一番近いクリーニング店」と表現しました。「ミーレは洗濯ものを仕分けして機器に入れ、適切なプログラムを選べば、きっちりと汚れを落とし、生地も傷めずに仕上がってくる。これまで、質問の多い悩みであるシャツの襟や、子供の靴下の汚れについては、洗濯機での洗濯の前には、適切な下処理が必要と、アドバイスしていたのですが、ミーレのランドリーでは、下処理を一切せずに、ほぼほとんどの汚れが落ちました!」とBefore-Afterの写真で説明。

Mr. Nakamura described Miele as, “the closest dry cleaning store to your home.” He explained with the use of before and after photos, “If you separate your laundry, put it in the washing machine and select the right cycle, Miele will clean it thoroughly without damaging the fabric.”

He went on to say, “Previously, I’d been advising people to pretreat shirt collars and children’s socks before placing them in the washing machine, but Miele cleaned most of the stains without requiring any pretreatment.”

(The result of combining ‘hard’ and ‘soft’; Mr. Nakamura is often asked about how to prevent shirt collars from blackening.)

洗剤力と機械の回転数、水量などが最適に計算されているので、洗濯前のひと手間をかけなくてもしっかりと汚れが落ちることが、プレスの皆様にもご理解いただけたようです。日本の家電メーカーとは異なる洗濯の考え方に、熱心にメモを取るプレスの方が多くいらっしゃいました。

当日はその日に新発売となったミーレのオリジナル洗剤の製品発表も行われました。後半はミーレ担当者が、ミーレのトータルランドリーケアの考え方の説明と、洗剤の汚れ落ちを解説するためのデモンストレーションを行いました。オリーブオイルを入れた小瓶を水の中に沈め、水の中に洗剤を入れると、ミーレの洗剤を入れた方はゆっくりとオイルが小瓶から浮き上がってきます。油分を引き離して分解する力がある、という実演で、他社の洗剤を入れた方には変化がありませんでした。

Those in attendance were able to learn that by taking into account all the different factors, stains could be removed without any pretreatment by following: Miele’s washing powder’s power, the washing machine’s spin speed, and ability to calculate the correct amount of water required. Journalists were busy taking notes on Miele’s concept, which is very different to those of Japanese electronics brands.

Miele’s new washing detergent was also unveiled at the same time. Later in the evening, Miele’s staff reviewed the Total Laundry Care concept with a demonstration and explanation on how the washing detergent removes stains. A small bottle containing olive oil was immersed in water and once Miele’s detergent was added, the olive oil gradually started to float to the top of the water. This was to demonstrate how effective Miele’s detergent is compared to other brands of detergents that failed the same test.


ミーレ担当者によるデモンストレーション
Demonstration by Miele staff


ダウン(羽毛)用洗剤を使った洗い上がりを披露
Result of using Miele’s detergent on a feather down


撥水剤を使用したテーブルクロスにこぼれた赤ワイン。染み込まない。
A red wine stain on a tablecloth treated with water repellent showing it does not soak into the material at all

今回発売された新しい洗剤は、色物用の「ウルトラカラー(リキッド)」、「ウールケア」、「撥水剤」、「ダウン」、「スポーツウエア」、「アウトドア」の6種類です。既存商品の白物用洗剤「ウルトラホワイト」や、柔軟剤「ファブリックコンディショナー」もあわせ、素材と用途に合わせてお使いいただくことで、ご自宅でのお洗濯の幅が広がります。

Six new washing detergents are now available: Ultra Color (liquid), Wool Care, For Delicates, Waterproof, Down, Sportswear and Outdoor. Ultra white is an existing detergent and Miele’s fabric conditioner can be used with any new detergents to suit the type of fabric being washed at home.

ミーレのオリジナル洗剤は、ミーレ直営ショールームと、公式オンラインショップ(ミーレストア)、全国のミーレ取扱い販売店で発売しています。

■ ミーレ・ジャパン公式ウェブサイト: www.miele.co.jp
■ ミーレストア: www.miele-store.jp

Miele’s original detergents are sold at Miele’s showroom, online and via Miele dealers

■ Miele Japan official website :www.miele.co.jp

■ Miele Store : www.miele-store.jp

top of the page