Scene

Candlewick Official Blog

“Hej! スウェーデンからこんにちは”  
トッカ・ボッカ PRブースを初出展 
Hej! Greetings from Sweden. First Toca Boca PR booth in Japan!

スウェーデン生まれの遊びのスタジオ、トッカ・ボッカ社は、8月29日(土)、30日(日)の2日間、東京・渋谷にて開催された「ワークショップコレクション11 in シブヤ」(主催: NPO法人CANVAS)に初めてPRブースを出展しました。
Toca Boca, the award-winning play studio that makes digital toys for kids, was thrilled to exhibit their first PR booth in Japan at the “Workshop Collection 11 in Shibuya” (Host: NPO CANVAS) on August 29th and 30th (Sat.-Sun.) in Shibuya, Tokyo.

TB-1

 

同イベントは取り壊し前のオフィスビル2棟をメイン会場に、壁・窓・床・天井など空間全体が子どもたちに開放され、子どもたちの創造力・表現力を刺激する100を超えるワークショップが行われました。
The event was mainly held at two office buildings soon scheduled to be demolished. This was an exciting opportunity for the children, who were allowed to express their creativity freely on all walls, windows, floors and ceilings, as well as through more than 100 workshops designed to stimulate children’s creativity and power of expression.

トッカ・ボッカのブースでは、最新のトッカ・ボッカの作品が体験できるコーナーのほか、カラフルなステッカーワークショップ、ぬりえコーナーが設けられ、終始子どもたちと保護者の方々で賑わいました。
Toca Boca’s booth had Toca Boca digital toy corner, as well as a colorful sticker workshop and a coloring corner. The booth was packed with lively kids and their guardians throughout the event.

TB-2

 

中でも、体験コーナーが大人気で、スウェーデンの深い森にインスパイアされた作品で、自分自身で森を作ることができる「トッカ・ネイチャー」、登場人物を素敵な髪型に変身させる「トッカ・ヘアサロン2」、さまざまな食材と調理器具で好きな料理をつくることができる「トッカ・キッチン2」が特に子どもたちの人気を集めました。
The new apps corner was especially popular. Kids enjoyed “Toca Nature”, an app where users can create their own forest, inspired by the deep forests of Sweden. They loved “Toca Hair salon 2”, the latest installment of the app where users can change hairstyles of the on-screen character. And of course “Toca Kitchen”, where kids and make their own dishes using various foods and tools, as well as many other mind-blowing apps.

TB-3

 

今回のイベントで、新たにわかったトッカ・ボッカの魅力の一つに、優れたコミュニケーションツールとしての一面が挙げられます。例えば、子ども達が初めて会った友達とも、トッカ・ボッカの作品を通じて、すぐに仲良くなり、同じ画面を共有しながら、楽しそうに笑いあう姿が多く見られました。また自分でつくった料理や髪型を両親に見せ、満足げな顔をした女の子や、お子さまと一緒にトッカ・ボッカの作品で遊びながら、楽しい時間を過ごされていたお母さまの姿がとても印象的でした。
This event proved Toca Boca’s strength in creating superior communication tools. Children who met for the first time at the event became very close in no time, all thanks to Toca Boca’s apps. There were many children laughing together and having great fun sharing the same game screens at the booth. There were girls proudly showing off their cuisine and hairstyles created with Toca Boca apps to their parents. The smile of a mother, playing Toca Boca apps with her children, showed us how digital apps can also be a fun communication channel between friends and family.

TB-4

今回のイベントで発見したトッカ・ボッカの魅力をもっと多くの日本の子ども達に伝えるため、様々なPR活動を今後も展開していきます。
Candlewick will continue its PR activities so more and more children, and their parents, will not only see the charms of Toca Boca and its digital toys, but enjoy being immersed within the world of Toca Boca.

top of the page

アンダーズ東京で開かれた英国ガーデンパーティーに参加しました 
Great British Garden Party at Andaz Tokyo

先月下旬、在日英国商業会議所(BCCJ)主催の英国ガーデンパーティーに参加してきました。こちらのパーティーは日英協会(JBS)と東京商工会議所(TCCI)と共催で行われたもので、今年は300名以上の参加者がアンダーズ東京のルーフトップテラスに集まり、落ち着いた雰囲気の中、スタイリッシュな一時を楽しみました。
The British Chamber of Commerce (BCCJ) held a Great British Garden Party together with the British Japan Society (JBS) and the Tokyo Chamber of Commerce and Industry (TCCI). This year’s event was attended by over 300 members, and was held on the rooftop terrace at the exclusive and stylish Andaz Tokyo.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

素晴らしい晴天に恵まれ、テラスからは東京タワーと富士山の美しい姿が見えました。都心部に広がる、青やピンクの絵の具を流したような美しい夕焼けに、ゲストは感嘆の声を上げていました。
Thankfully the weather was glorious, so as well as enjoying the beautiful views not only of Tokyo Tower and Mt. Fuji, guests were wowed by the sunset and the beautiful blues and pinks that descended on the expanse of Tokyo city.

GBG2

 

 

パーティーのドレスコードは赤、青、白そして花柄で、会場のフラワーアレンジメントまでもがドレスコードと同じ赤、白、青で統一されていました。伝統的な英国料理が数々並び、視覚的にも味覚的にも楽しませていただきました。また、抽選で英国ギフトセットや美味しそうなお菓子が当たる企画も用意されていました。
Guests were encouraged to dress in their best red, blue and white or floral patterned outfits to fit this special occasion, and even the flower arrangements matched the dress code. Various British favourite dishes were served and some lucky guests were presented with British gifts and delicious looking-goodies.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(c) BCCJ Tokyo

 

アンダーズ東京とBBCJの素晴らしいおもてなしに感謝し、次なるイベントへの期待に胸を膨らませながら会場を後にしました。
Many thanks to the Andaz Tokyo and the BBCJ for their wonderful hospitality – and we look forward to their next exciting event.

top of the page

“ニューカレドニア スカイビーチ” SNSでも反響 ~ニューカレドニア観光局主催の消費者イベント~ 
New Caledonia Tourism’s consumer event “New Caledonia Sky Beach” stirs buzz on social networks

7月4日から14日まで、六本木ヒルズの展望台にて開催したニューカレドニア観光局主催イベント、「ニューカレドニア スカイビーチ」が終了し、総勢約17,000人を超える来場者を記録しました。
New Caledonia Tourism’s event entitled “New Caledonia Sky Beach: Resort experience at 250 meters above sea level” was held at the Sky Gallery, Roppongi Hills observation deck “Tokyo City View” from 7/4 to 7/14. More than 17,000 people in total explored the charms of this tropical paradise.

5D1

 

ニューカレドニアを五感で体感することがテーマであったこのイベントでは、特産物であるニアウリを使った爽やかなアロマの香りが会場を包み、ニューカレドニアのショートムービーの上映、フランス領であり、世界遺産のラグーンに囲まれた大自然のニューカレドニアをイメージしたネイルデザインを体験できるネイルバー、幻の島“ノカンウイ島”の白砂を実際に触ってメッセージを書いて楽しめるサンドメッセージ、ニューカレドニアの地ビールやグッズが手に入るミニバー&ブティックなど、様々な要素が詰まったイベントとなりました。

The event was designed for guests to use all five senses to experience the beauty of the archipelago. The aroma of the indigenous plant “niaouli” filled the venue as the short movie of New Caledonia was shown. Next to a nail bar providing breathtaking designs inspired from the French territory surrounded by world heritage lagoons, there was a sand message corner using the pure white sand only from Nokanhui islet, the “hidden” island, and a mini bar and boutique with local beer and goods for guests to try and take home.

来場者の方々は、初めてニューカレドニアを知る人から、ニューカレドニアが良いと聞いて旅行を計画しているカップル、既に旅行経験があり大好きな場所になりこのイベントを知って来場したという方、若い頃にハネムーンで行き、今度は中学生になる娘を連れて再来したいという家族、様々な方々が来場され、ニューカレドニアの魅力を体感していかれました。

Visitors had diverse backgrounds: those who never heard of New Caledonia, couples who were planning to visit after recommendations by friends, those who had already traveled and fallen in love with the islands and were looking forward to visiting again, and parents planning to take their junior high school daughter to their honeymoon destination after all these years. The guests all enjoyed the ambience and attraction of New Caledonia.

5D2

【写真】左から大画面でのショートムービー上映の様子。ニューカレドニア観光局xGUACAMOLEのコラボレーション水着コレクション展示。ニューカレドニアにある幻の島“ノカンウイ島”の白砂で体感するサンドメッセージ。ニューカレドニアの食品やグッズを置く、ミニバー&ブティック。

【Photos】 Clockwise from left: Visitors watching the “Revalue Yourself” short movie on the large screen; display of “New Caledonia Tourism X GUACAMOLE” collaboration swimsuits designed to reflect this tropical paradise; drawing sand messages using the pure white sand from the “hidden” Nokanhui islet; a minibar and boutique with rarities such as food and goods from New Caledonia.

有名ネイリストさん達とコラボレーションをし、ニューカレドニアをイメージしたネイルを楽しめる、ネイルバーも大人気。
Nail bar with the one-and-only nail designs inspired by New Caledonia, created in collaboration with renowned manicurists.

5D3

同階の展望台カフェ「THE SUN」にてニューカレドニア限定オリジナルメニューも販売。ニューカレドニアの特産物である“天使の海老”を丸ごと使ったサンドウィッチや、ニューカレドニアの美しい自然をイメージしたカクテルなど、期間限定のメニューを販売し、多くの来場者にニューカレドニアの食文化も楽しんでいただきました。
Guests also enjoyed original collaboration menus inspired by New Caledonia at THE SUN, the café on the observation deck, available exclusively during the event. Visitors enjoyed the event using their taste buds with sandwiches using whole New Caledonian Pacific blue prawns, a.k.a. “Angel Prawns”, and cocktails designed on the image of the archipelago’s beautiful nature.

5D4

【写真】(左上)ニューカレドニア産天使の海老プレート(左下)ニューカレドニア風デザートガレット(右上)ノンアルコールカクテル ニューカレドニア・ビーチ(右下)カクテル ニューカレドニア・モヒート
【Photo】(Top left) “Angel Prawn” plate, using the New Caledonia specialty prawns, (Bottom Left) Dessert plate with a New Caledonia style galette, (Top right) non-alcoholic cocktail named the “New Caledonia Peach”, (Bottom right) cocktail named the “New Caledonia mojito”.

イベントの様子は、各界のメディアや著名人をはじめ、多くの方々のSNSにてシェアされ、250件を超える写真が集まりました。
Various media, celebrities, and many visitors shared the event on SNS with more than 250 photos.

5D5

top of the page