Scene

Candlewick Official Blog

弊社代表取締役 シルベスタ典子 インタビュー記事 ー Mums in Business TOKYO 
Our Managing Director Noriko Silvester’s interview article in “Mums in Business TOKYO”

ワーキングマザーをサポートするMums in Business TOKYO の#SpotlightonJapanアンバサダーを務める弊社 代表取締役 シルベスタ典子のインタビュー記事が掲載されましたので、ご紹介します。仕事の効率と生産性について、そして「変わる勇気、変える勇気」について話しています。掲載は英語になりますが、下記にて日本語訳をご用意しましたので、ぜひご一読いただけましたら幸いでございます。

Mums in Business TOKYO (英語)

 

An interview article of our Managing Director, Noriko Silvester, has been posted on the Mums in Business TOKYO website. Mums in Business TOKYO, is as they say, “a group of professional females with one thing in common – we’re all frantically trying to find ways to balance working life with everything family life throws at us too”. Noriko talks about efficiency and productivity in her role as a #SpotlightonJapan Ambassador and shares her own #BeBoldForChange message.

Mums in Business TOKYO

 

<記事の日本語訳 / Japanese translation of the article>

日本では「過労死」という特別な言葉があるくらい、働きすぎによって命を落とすことがそう珍しいことではありません。毎年政府がモニタリングを行っており、今後は残業時間を100時間までという上限を設けようという動きもあります。しかし、2015年度の政府調査によると20%以上もの人々が危険といわれるほど長時間の残業を毎月していることがわかりました。そのような状況の中、政府が残業時間の上限を設けるだけで問題は解決できるのでしょうか?

#SpotlightonJapanのアンバサダーである、キャンドルウィックの代表取締役シルベスタ典子さんに、仕事の効率と生産性について、そして#BeBoldForChange「変わる勇気、変える勇気」についてお話を伺いました。(Spotlight on Japan 2017についてはこちらから)

 

スポットライト・アンバサダー・インタビュー

キャンドルウィック株式会社 代表取締役 シルベスタ典子

聞き手:ルーシー・アレキサンダー

 

ワーキングマザーはとても優秀だ、とシルベスタさんは言います。

彼女が経営するキャンドルウィックのスタッフはほとんどが女性です。性別による区別をして採用している訳ではなく、効率と生産性を何よりも重視している表れなのです。

「ワーキングマザーは限られた時間にたくさんの仕事をこなします。そういう点で彼女たちはとても優秀だと思います。ワーキングマザーを中心に雇用するというのは、考えた末に立てた戦略でありません。「私自身が経営者になった時に、ワーキングマザーにとっては、1分をどれだけ有効に使えるかは非常に重要であるため、その能力が非常に高いということに気づいたのです」とシルベスタさんは言います。キャンドルウィックの従業員は約8割が母親で、フレキシブルに働いています。小さいお子さんがいる人は5時に退社する人もいます。これは、過労死という言葉があるほど残業の多い日本では珍しいことです。

シルベスタさんは、(フェイスブックCOOのシェリル・サンドバークが著書「Lean IN」で提唱したような(キャンドルウィックにて加筆))、男女同権を勝ち取るためには、女性に職場でチャレンジやリスクに向き合うことを奨励するスタイルのフェミニズムを主張している訳ではありません。彼女は男性が変わるべきだ、と考えています。Spotlight on Japanが支持する国際女性デー2017の「#BeBoldForChange 」キャンペーンのメッセージは、男性の多い企業経営陣や幹部にこそ向けられるべきだと言います。そうしなければ、変革は彼らが引退した後のこと、つまりかなり先の未来のことになってしまうというのです。

日本は、シルベスタさんが若かった頃に比べ、少しずつ進歩してきたようです。彼女は1980年代初めに秘書として経験を積んでいましたが、すぐに「誰かのためにランチミーティングをセッティングすること」に飽きてしまい、セールスとマーケティングの分野に進むことになりました。そして、2003年には自分の会社を立ち上げました。

彼女の母親は、周りの友人同様、専業主婦でした。当時の日本では、結婚して義理の両親と同居することが女性にとっては一番幸せな道だと思われていたため、女性が管理職に就くことはとても珍しいことでした。1986年に男女雇用機会均等法が施行された後も、多くの会社では女性社員はあくまでもサポートスタッフとしての役目でした。

「最近の若い世代は、野心を抱かなくなっていたり、女性が変わる必要はないと考える傾向にあるように感じています。このような傾向は、仕事と子育ての両立の難しさと合わせて、若い女性に対するネガティブキャンペーンとなってしまい、女性の活躍の機会を阻み、彼女たちの将来の可能性を狭めていると思うのです。このまま何も変わらなければ、若い女性の才能は、活かされる前にダメになってしまうと懸念しています。」

日本は今、「(女性の活躍における)進歩」という点では後退しているような状態で前途多難です。安倍首相は女性が輝くための支援について多弁ですが、世界経済フォーラムで発表された最新のジェンダーギャップ報告書によると、日本は145カ国中111位と、この10年で23位も後退しました。

シルベスタさんは「変わる勇気、変える勇気」を持つために必要なのは教育だと考えています。母親が息子のために何でもかんでもやってあげないようにすること、また、両親は女の子に野心を持つよう教育することが重要です。学校では子どもが夢を追うことを応援し、働く女性は子どもたちが見習うべき模範として取り上げられるべきだと思っています。そして、中間管理職や上層部の人たちは、自分達の古い考え方から目を覚ます方法を示される必要があります。

最後に、日本の男性は妻のキャリアをサポートする方法を学ぶべきだ、とシルベスタさんはいいます。彼女のご主人はイギリス人ですが、同じだけの経済的貢献を求めると同時に、家事や育児は二人で平等に行っているそうです。

真の意味で社会が進歩し、もっと広く多様性が根付くためには、男性と女性の違いを議論するのではなく、あらゆる面において個性を大切にすることを議論しならなければならないでしょう。そのためには、日本にとって「変わる勇気、変える勇気」#BeBoldforChangeが必要なのです。

こちらの集合写真はオフィスの屋上にて、インフルエンサーのみなさまをご招待し、ハーブxグランピングをテーマにした、「ハーバルグランピング」を開催した時のものです。

 

top of the page

プログラミング玩具キュベット開発者フィリッポ・ヤコブ、伊勢丹新宿本店での販売開始にあわせて初来日 
Award-winning programming toy Cubetto’s founder, Filippo Yacob, visits Japan to commemorate sales launch at Isetan Shinjuku Store

昨年このブログでもご紹介したプログラミングの玩具キュベットですが、2月15日より伊勢丹新宿本店での販売を開始しました。90カ国以上で親しまれているキュベットが店頭販売されるのは、世界で初めてのことなんです!これを機に、Primo Toys設立者、フィリッポ・ヤコブが初来日し、日本のメディア向けにイベントを行いました。Primo Toysの設立経緯やキュベット開発に至る歴史を彼自身がプレゼンし、プログラミング教育普及第一人者である石戸奈々子さんと、日本とイギリスのプログラミング教育事情についてのトークセッションを行いました。

Cubetto, the programming robot featured in our blog last year, is now available at the Isetan Shinjuku Store. Among the 90+ countries Cubetto is sold in, this is the first non-virtual store where you can meet Cubetto before purchase. For this memorable occasion, Primo Toy’s Founder and CEO Filippo Yacob came to Tokyo to talk at the Cubetto media event. Filippo explained how Primo Toys was established, and how the fun journey of creating Cubetto unfolded. Ms. Nanako Ishido, who is one of the leading programming educators in Japan, joined Filippo for a talk session about programming education trends in Japan and the United Kingdom.

こちらはメディアイベントでの写真。プログラミング教育という共通の話題で盛り上がり、石戸さんとは話し足りなかったようです。バレンタイン前日ということもあり、オリジナルのキュベットチョコでメディアの皆さんをおもてなししました。

Above is a snap shot from the media event. Filippo and Ms. Ishido had so much to share on programming education, there was hardly enough time. The guests received original Cubetto chocolates, since it was just before Valentine’s day.

フィリッポは現在29歳、3歳の男の子のお父さんで、今年1月にフォーブス誌で、”ヨーロッパをリードする社会起業家30歳以下の30名“の1人として選ばれている注目の方なのです。構想に1年、開発までに3年。クラウドファンディングの世界中の投資家、米国バークレー大学の教授など、さまざまな人を巻き込みながら、自分が作りたかった玩具を世に送り出しました。

Filippo is a twenty-nine-year-old social entrepreneur, and a father of a three-year-old boy. He was a named honoree in the latest “Forbes 30 under 30 Europe” list for social entrepreneurs. But even with such talent, it took one year to plan and three years to develop Cubetto. During the process, Filippo brought in investors from around the globe through crowdfunding, with professors from U.C. Berkeley helping him create the educational toy of his dreams.

穏やかな普段の印象とは打って変わって、キュベットやPrimo Toysの話になるとヒートアップ。情熱を持って日々やりたいことを実現し、将来の展望を語るフィリッポには、スタッフも大いに刺激を受け、ますますキュベットの日本での普及に熱が入っています!

Filippo, who is otherwise very calm, looked very excited to talk to the media about Cubetto and Primo Toys. His passion in pursuing his dreams every day is overwhelming, and his future vision was truly moving. We at Candlewick, infused by Filippo’s passion, are ready to expand our promotion of Cubetto in Japan!

上記は伊勢丹新宿本店でのフィリッポのオフショット。
Above is a picture of Filippo checking out the Isetan Shinjuku Store Cubetto demo space.

今回忙しい滞在時間の合間を縫って、子どもへのお土産や、趣味である柔道の丈夫な柔道着、そして参考書やプログラミング関連の玩具を数点、とショッピングにも抜かりなかった彼ですが、東京がとても気に入ったようなので、またの来日を私たちも楽しみにしています。

During his spare time, Filippo was busy selecting souvenirs for his family, a variety of books and programming toys, as well as finding a good Judo dogi (wear) to practice his favorite martial art. We look forward to hosting Filippo in Tokyo again  soon!

 

★Primo Toys URL https://www.primotoys.jp/

★Primo Toys Facebook https://www.facebook.com/Primo-Toys-Japan-1140558589366914/

 

※伊勢丹での店頭デモ展示は2月15日~27日までの期間限定でしたが、現在でも売場での販売は継続中です。
The demo space at Isetan was for a limited time in February, but Cubetto can still be purchased in the toy area.

top of the page

アジアを代表するシェフ&アーティストのジャニス ウォンが来日、エディブルアート(食べられるアート)インスタレーションをメディアに初披露 
Janice Wong, Asia’s leading chef and artist, creates an Edible Art Installation for the Japanese media

アジア最優秀ペストリーシェフに過去2度も選ばれたジャニス ウォンが2月上旬に来日し、彼女が開拓した新ジャンルである、食とアートの融合edible art (エディブルアート)のインスタレーションをメディア、VIPの方々約50名を集めて、日本初お披露目しました。

Janice Wong, who has twice been awarded Asia’s Best Pastry Chef, visited Japan in early February to create an installation of her original “edible art” genre – a marriage of food and art. The invited 50 media and VIP guests enjoyed her cutting-edge new style, a first-time performance in Japan.

キッチンに用意された真っ白なキャンパスにジャニスがスプーンを絵筆のようにして、マシュマロとイチゴのチョコレートで、立体的なアートを描いていくと、会場には甘い香りと、驚きの声が広がりました。

Janice demonstrated her edible 3D art with marshmallows and strawberry chocolate using a spoon-like paintbrush on white canvas. The guests gasped in surprise at her outstanding creations and the room was quickly filled with an irresistibly sweet smell.

ジャニスがイメージしたのは、春とバレンタインデー。素揚げした塩味のサクラの花をアクセントに、完成したエディブルアートは、ゲストの方々にその場でスプーンですくって召し上がっていただきました。

Janice expressed her image of “Spring and Valentine’s day” with fried cherry blossoms seasoned with salt. The guests experienced the taste there and then, scooping up the art with a spoon directly from the canvas.

 

五感で楽しむエディブルアート体験に、参加者の方々からは「楽しくて、しかも美味しい」、「一緒に参加できることも、アートの一部になっていて面白い」などの声が聞かれました。

All the guests seemed to thoroughly enjoy the experience, and were bubbling with comments such as “It’s so fun, and so delicious!”, and “The guests participation is also part of the art, making it even more fascinating.”

 

キャンドルウィックでは、若くて才能溢れるジャニス本人と、彼女の創り出す、全く新しいエディブルアートをより多くの方に知っていただくため、ファッションやジュエリーブランドとのコラボレーションや、イベント等を積極的に企画・展開していきます。

Candlewick will continue promoting Janice and her original edible art through collaborations with fashion and jewelry brands and events – so keep an eye out!

 

ジャニスの美味しいデザートを楽しめる、新宿のNEWoMANに昨年4月にオープンしたお店の情報等詳細は http://www.janicewong.jp をご覧ください.

You can learn more about Janice Wong’s Dessert Bar at NEWoMAN SHINJUKU, which opened last April, at http://www.janicewong.jp.

top of the page