Scene

Candlewick Official Blog

Yearly Archives: 2010

IKEA ウィンター&クリスマス メディアセミナー開催 
IKEA Winter and Christmas media seminar

一雨ごとに涼しくなり、ようやく秋の訪れを感じるようになりました。

秋になるとほっこりしたもの、暖かいものがとても恋しくなりますよね。

IKEAの生まれ故郷スウェーデンでは、すでに気温がグッと10以下に下がり、人々は短かった夏を思い出しながら、すでに冬支度の準備に取り掛かっています。

そんな冬に向けての家の衣替えを紹介するメディアセミナーを915日~16日の2日間、東京・千駄ヶ谷で開催し、雑誌メディアの方々を中心に約70名の方にお集まりいただきました。

After a hot summer, we can finally feel autumn arriving.

With the cooler weather on its way, you start to seek for something warm and fluffy.

In Sweden, the home of IKEA, the temperature has already dropped below 10 degrees and people have already started to prepare for winter.

To introduce winter preparations for inside the home, Candlewick held a media seminar on September 15 and 16 in Sendagaya, Tokyo for more than 70 guests.

 

今回のメディアセミナーのポイントは三つ。一つは、ほんの少しの工夫で家を冬バージョンにかえられることを実際に見ていただくこと、次はサーモンやミートボールといったIKEAフードで取り扱っている伝統的なスウェーデンの食材を使ったクリスマス料理のご提案、そして10月半ばから入荷するクリスマス商品のご紹介です。

The objectives of the seminar were to; show how you can change your home to a winter-style with some simple changes; introduce Christmas dishes using traditional Swedish food sold in IKEA such as salmon and meatballs and; introduce IKEA items for Christmas that will be available from mid-October.

 

スピーカーには、IKEAのインテリア・コーディネーターのアントンとフード・コーディネーターの加藤尚美さんを迎え、約2時間のセッションを12回開催しました。

アントンは、各コーディネーションのポイントに加え、自分の幼い頃のクリスマスの過ごし方を交えてプレゼンテーションし、スウェーデン文化もあわせて紹介してくれました。

Two media seminars were held during the day, both lasting two hours each with IKEA interior coordinator Anton and food coordinator Ms. Naomi Kato as guest speakers.

Anton introduced winter setups and also talked about Swedish culture including his memories of Christmas as a child growing up.

 

加藤さんが今回作ってくださったクリスマスのお料理は4品。どれもすでに加工済みのIKEAフードの食材を活用したので、味付けや下ごしらえの手間が省け、お客様の多いクリスマスにはとても重宝するレシピでした。

今回メディアの方々に特に好評だったのは、イケアの店舗ではなく千駄ヶ谷にある一軒家を借り切って、ウィンター&クリスマスのデコレーションを作りこんだこと。テキスタイルやカーテンを厚手で暖かみのある色にかえたり、間接照明を効果的に使って、これからの季節に相応しい居心地が良くて、ホッとできる空間をフツの一軒家に作り出したことで、イケアの提案するお手軽な冬支度の内容をより深くご理解いただけたようです。

Ms. Kato made four Christmas dishes using food from IKEA. Since IKEA food is pre-cooked and already seasoned, it is perfect for Christmas parties with many guests.

The venue for the seminar was a regular house – rented and furnished by IKEA. Changing textiles and curtains to a thicker and warmer color and making use of indirect lighting, a comfortable place suitable for the up-coming festive season was created. The media were impressed at this idea of holding the seminar in a real house, compared to a typical seminar often held in one of IKEA stores. The venue allowed the attending media to gain a deeper understanding of IKEA’s proposals for easy winter preparations.

 

キャンドルウィックでは、通常のメディアリレーションに加え、年に34回ほど各シーズンにあわせたメディアセミナーを企画&実施しています。普段なかなか忙しくて話の出来ないメディアの方々とゆっくりお話のできる場としても、このようなメディアセミナーは非常に有効です。

Candlewick plans and executes IKEA’s media seminars three to four times a year, in addition to regular media relations activities. This type of seminar proved to be highly effective in gaining support from journalists.

top of the page