TEAM / FOUNDER’S MESSAGE
サステナブルPRをリード。 クライアントの未来を描ける コミュニケーション デザイン会社として、 社会に貢献していきたいと 考えています。
キャンドルウィック株式会社 代表取締役社長
シルベスタ典子
キャンドルウィック株式会社 代表取締役社長
シルベスタ典子

キャンドルウィックは、グローバルブランドを日本市場に根付かせる戦略提案を中心に、2004年の設立以来、EU、イギリス、アメリカ、オセアニア、アジア、中東など様々な国や地域とプロジェクトを進めて来ました。領域も食、美、旅、教育など多岐にわたります。

私たちの得意とするところは、<パーセプション・チェンジ>です。これまでと異なる新しい価値観を日本人に届くメッセージとして発信することで、人々が今まで手に取ったことのないもの、試した経験のないことを取り入れるという行動が起こります。その結果、日々の暮らしが豊かになったと感じ、認識が変わっていくのです。このようにしてキャンドルウィックは社会に貢献してきました。

なぜ、グローバルブランドが日本に上陸する際に、私たちの支援を必要とするのでしょうか。理由の一つに、日本市場の複雑性が挙げられます。単純なマーケティング属性では語れないターゲティングや社会システムの独自性。さらにSNSなどの個人発信のメディアを含むデジタルシフトが進む中で、肌感を伴うリアルとのバランスも絶妙なさじ加減が必要です。製品やサービスを浸透させる戦略立案は、難易度が増していると言えるでしょう。

さらに日本の消費者は物事のディテールへのこだわりが強く、サービスに対しても無条件に最高を求めます。世界で最も厳しい目にさらされる市場において、注力する部分を見つけ出し、ストーリーに落とし込み、具体策に転換する。それができるのがキャンドルウィックです。時にはブランドサイトで見かけた言葉、あるいは店舗で聞いた販売員の声など生活者としてのリアルな体験が、ブランド浸透の手がかりになったりもします。この微妙なキーとなる事実を発見し、コミュニケーションデザインに活かすことができるのが私たちの強みにもなっています。

私たちキャンドルウィックは、グローバル感覚にあふれる女性をメインにチームを組んでいます。繊細な感性を活かすことで消費者のインサイトをつかみ、売り場を設計し、クリエイティブなアイデアでターゲットに届くPRをご提案します。「結果につながるPR」の実践のため、2016年からイギリスのスキンケアブランドとプログラミング玩具の輸入販売を自社ビジネスとして展開しています。めまぐるしく変化するSNSやデジタル上のコミュニケーションノウハウを「自社ビジネス」において吸収し、クライアントの皆さまへのご提案に活かしています。ビジネス資本において独立性を担保しながら、各界のさまざまな組織やインフルエンサーとのネットワークを構築している部分も、私たちの特長です。

ブランドの真の価値が理解される持続可能なビジネスのために。私たちは成果を上げ続けることで築いたキャンドルウィック独自のポジションと、日本市場を知り尽くしたノウハウをもとに、サステナブルPRをリードしていきます。

TEAM
PRプロフェッショナル、 そして、海外との
コミュニケーションに優れた 多様な人材が集まっています。
Kaoru Hashizume
PRに携わって20年。大手PR会社からスタートし、企画中心のPR会社で経験を積んだのち、5年間の子育て期間を経て復帰。多様な業種・プロジェクトをリード。在籍10年以上。
Yu Suzuki
大手食品会社で営業として勤務後、PR養成学校で学びながらインターンを経てキャンドルウィックに入社。美容系事業会社での勤務経験もあり、美容・ファッション・ラグジュアリーに強い。在籍10年以上。
Kyoko Yokoyama
大手旅行代理店で海外旅行企画などを担当。 渡航歴は 30 か国以上、キャンドルウィックで旅アカウント担当。 在籍7年。
Mariko Ishii
第二新卒でキャンドルウィックに入社、その後オーストラリアの広告代理店で経験を積み、キャンドルウィックに復職。 現在二拠点生活をしながらオンライン勤務中。 在籍7年。
Gemma McGoldrick
英国出身、大学で MBA を取得。来日後は英語の教師を経て、キャンドルウィックに入社。 現在は子育てをしながらオンライン勤務中。 在籍8年。
Yuka Miura
外資系金融・経済情報配信会社勤務を経て独立。デザイン、デジタル、動画制作等で複数のクライアントを手がける。在籍10年。
Yuko Bruce
外資系金融・経済情報配信会社で営業を担当したのち、4人の子どもをバイリンガルで育てながら仕事を再開。高いライフスタイルセンスを持ち、ラグジュアリーブランドを中心に担当。在籍3年。
Nanae Yamamoto
旅行業界、エンターテインメント業界、日系・外資系金融機関勤務を経て、キャンドルウィックに入社。 海外勤務(ロンドン、香港)経験あり。 在籍4年。
Haruna Asano
大学時代のインターンをキャンドルウィックで経験した後、英国へ短期留学。 卒業後にキャンドルウィックに新卒社員として入社。 在籍2年。
Cathy Komuro
サービスオフィスでのオペレーションマネジャー、ホテル、インテリアデザイン、アートギャラリー勤務等を経て、キャンドルウィックで海外クライアントを主に担当。日本、カナダと中国にルーツを持つマルチカルチャーな人材。在籍2年。
Naomi Yamazaki
ラグジュアリーファッションブランド等での勤務を経験し、キャンドルウィックに入社。自社ビジネスを中心に担当。韓国語が堪能。在籍2年。
Catherine Lealand
ニュージーランド出身。 大学卒業後、英語教師として来日し、モデルとしてのキャリアもスタート。 モデル業を続けながら、キャンドルウィックでは海外クライアントを担当。在籍1年。
Erina Shimmura
英国生まれ。グローバル展開する日系大手衣料メーカーに勤めた後、キャンドルウィックに第二新卒入社。 在籍1年。
Sae Kimata
学生時代に米国に留学。卒業後は航空会社でオペレーション業務を経験した後、キャンドルウィックに入社。在籍1年。
VIEW MORE
COMPANY
会社名
キャンドルウィック株式会社
所在地

〒102-0082
東京都千代田区一番町2
パークサイドハウス7F

Google Mapsで見る
TEL
03-6261-6050
FAX
03-6261-6051
代表取締役
シルベスタ典子
設立
2004年3月
事業内容
PR広報、広告宣伝の代理業務ならびにコンサルティング業、 マーケティング コミュニケーション サービス業、商品の開発、 調査、企画立案、ならびに販売化粧品のコンサルティング業、 玩具の輸入販売業
キャンドルウィック〈Candlewick〉:社名の由来
直訳すると、「ろうそくの芯」。 日本ではまだ知られていないブランドの芯(コア)を見出し、そこに火を灯すことで存在を輝かす。
メッセージのコアを大切にし、ブランドが輝くことで、人々の暮らしがもっと明るくなるようにとの願いを込めています。
ACCESS
〒102-0082 東京都千代田区一番町2
パークサイドハウス7F
Google Mapsで見る
PAGE TOP