Scene

Candlewick Official Blog

『ニュージーランド牧草牛で美しい肉体をつくる!』 トークショー&ディナー開催 
Making your body beautiful with New Zealand grass-fed beef talk show and dinner

キャンドルウィックが長年PRをお手伝いしている、100%牧草を食べて育つヘルシーな赤身牛肉、ニュージーランド牧草牛。先日9月19日(金)に一般消費者50組100名様をご招待し、銀座の人気レストラン アイコニック(ICONIC)にてトークショー&ディナーを開催しました。
昨年8月にもママやプレママを対象とした同規模のイベントを行いましたが、今回は “ニュージーランド牧草牛で美しい肉体をつくる!” をテーマに、健康的な体づくり、食事法に興味がある30代~50代男女のお客様がお越しくださりました。

Candlewick has been working with New Zealand grass-fed beef for nearly 5 years. On Friday September 19, a talk show and dinner for 100 consumers was held at ICONIC, a popular restaurant in Ginza.

Candlewick organized a similar sized event for moms and moms-to-be in August a year earlier. This time around Candlewick invited men and women ages in their 30’s – 50’s, who were interested in creating and maintaining a healthy body and diet.

イベントではまず、ビーフ アンド ラム ニュージーランド日本代表のジョン・ハンドルビーさんより、ニュージーランドの恵まれた大自然、畜産大国としての取り組みなどをお話ししました。 そして、司会の山田玲奈さんからは、穀物飼育と牧草飼育の違い、広大な牧草地を歩き回り健康的に育つ牧草牛の生活の様子、高い安全性、そして、牧草牛の最大の特徴でもある豊富な栄養価について、スライドと共に分かりやすく紹介させて頂きました。

Mr. John Hundleby, representative of Beef + Lamb New Zealand in Japan talked about the nature New Zealand has been blessed with, as well as the country’s farming initiatives. This was followed by emcee Ms. Reina Yamada’s engaging presentation on the most important characteristics and benefits of grass-fed beef. She highlighted the differences between raising grain-fed and grass-fed stock, the life of grass-fed cows surrounded by vast grass fields, growing healthy livestock, as well as the high safety standards set and met.


ビーフ アンド ラム ニュージーランド日本代表のジョン・ハンドルビーさん
Beef + Lamb New Zealand, Japan Representative, Mr. John Hundleby

トークショーには、多方面のメディアから注目を集めている豪華2名が参加。一人目は、52歳とは思えない驚異的な若さと美しさで人気のアンチエイジング・スペシャリスト、オーガスト・ハーゲスハイマーさん(栄養科学博士)、そして二人目は、EXILEのフィジカルトレーナーであり、大物アスリートやモデルからも絶大な支持を受ける吉田輝幸さんにご登場頂きました。トークショーの中では、アンチエイジングやダイエットに効果的な食事法、運動やトレーニングにおけるタンパク質の効果などをお教えいただきました。

Candlewick was excited to welcome two very special guests who both currently attract high media interest. The first was anti-aging specialist Mr. August Hergesheimer, who holds a Ph.D. in nutritional science. He is renowned for his enviable youth and good looks, belying his 52 years of age. The second guest was EXILE’s physical trainer, Mr. Teruyuki Yoshida, highly regarded among professional athletes and models. During the conversations, both guests spoke about the effect of protein in one’s diet and performing exercises and training that are effective in reversing the signs of aging.


左から、フィジカルトレーナーの吉田輝幸さん、アンチエイジング・スペシャリストのオーガスト・ハーゲスハイマーさん、司会の山田玲奈さん
From left: Mr. Teruyuki Yoshida, physical trainer; Mr. August Hergesheimer, anti-aging specialist; Ms. Reina Yamada, emcee

 

ディナーはビュッフェスタイルで行われ、前菜からデザートまで全21品、内6品にニュージーランド牧草牛を使用した料理を振る舞い、牧草牛をご堪能頂きました。

Buffet style dinner consisting of 21 dishes, from starters to dessert, six of which had New Zealand beef as the main ingredient.

参加者いただいた皆さまからは、「食生活を見直すきっかけになりました」「牛肉はどれもあまり変わらないと思っていましたが、外国産の牛肉に対する考えが変化しました」「穀物牛と牧草牛について始めて知りました」「ニュージーランド牧草牛の安全性、栄養価を理解し、今後も是非食べたいと思います」などのコメントを頂き、ニュージーランド牧草牛の理解を皆さまに深めて頂けたイベントとなりました。

お忙しいところご参加くださりました皆さま、本当にありがとうございました。

Some guests commented, “It was an opportunity to review my eating habits; I thought all beef was pretty much the same, but my view of beef produced abroad has now changed; I never knew the differences between grain-fed and grass-fed beef; I’d like to understand more about the safety of New Zealand grass-fed beef and its nutritional benefits and make them a part of my meals.”

The event was highly successful and the audience gained a deeper understanding of the benefits and allures of New Zealand grass-fed beef.


左から、吉田輝幸さん、ジョン ハンドルビーさん、山田玲奈さん、オーガスト・ハーゲスハイマーさん
From left: Mr. Teruyuki Yoshida, Mr. John Hundleby, Ms. Reina Yamada, and Mr. August Hergesheimer

 

ニュージーランド牧草牛 公式フェイスブック
9月に「1万いいね!」突破しました!
引き続き、牧草牛の情報配信中です。ぜひご覧ください↓↓
www.facebook.com/newzealandbeef

New Zealand grass-fed beef’s official Facebook page reached “10,000 Likes” in September!
For more information about grass-fed beef, visit www.facebook.com/newzealandbeef

top of the page

ストッケ ステップス発表会 
Stokke Steps Launch Party

先日9月2日にノルウェーのベビー用品ブランド ストッケの革新的な新商品、ストッケ ステップスの発表会を南青山で開催しました。

On Tuesday, a launch party was held in Minami Aoyama for Stokke, the high quality baby products and accessories brand from Norway, to introduce their latest innovative product Stokke Steps.

今回の新製品は、バウンサーとハイチェアを組み合わせた”オールインワンシーティングシステム”という画期的なアイディアから生まれた製品です。パーツを組み合わせることで、お誕生後すぐから10歳頃まで様々なシーンで長く使えるこの商品は、北欧生まれならではの高いデザイン性を兼ね備え、インテリアとしても馴染みます。

The product is based on a revolutionary concept – an all-in-one seating system that combines a bouncer with a high chair. By combining various parts together, the seating system can be used for children from birth all the way through to the age of 10. In addition to its innovative products, its Scandinavian origin means not only high quality, but also a design that blends in perfectly with your interior surroundings.

会場では、センプレさんの協力を得て、様々なシーンにてステップスのある素敵なインテリアを見せるため、ルームセットを作りこみました。

To showcase the wonderful design and the ability of Stokke Steps to blend perfectly with interior surroundings, a room was created at the venue with the help of leading furnishings shop, SEMPRE.

また「北欧のホームパーティー」をテーマに、ノルウェーコーヒーのフグレン、オーガニックにこだわったケータリングのママルリさんに北欧風のお料理を用意していただきました。

A Scandinavian ‘home party’ environment was created for guests with Norwegian coffee prepared by Fuglen Tokyo and food by organic catering service Mama Luli.

 

第1部は、プレママやママの皆さんとベビー&キッズにお集まりいただき、総勢40名以上の賑やかな会となりました。やはり皆さまの関心は、新商品の使い心地のようで、バウンサーやチェアにお子さまを座らせてみたり、使い方についてスタッフに熱心に質問されている方の姿が多く見受けられました。参加者の方々からは「バウンサーと椅子が一緒になるアイデアに驚いた」「バウンサーの揺れが本当に心地良いみたい」「10歳頃まで長く使えるのがいいですね」といった声が聞かれました。

The launch proved to be a very lively party with more than 40 guests in attendance – a mixture of mums-to-be and mums with babies and toddlers. Everyone was able to try out the bouncer and chair, enthusiastically asking questions about all of Stokke’s other products. Some guests commented, “I was surprised by the idea of combining a bouncer and chair together; it seems very comfortable for the baby; it is great that you can use it for children up to 10 years old.”

最後に集合写真をパシャリ。みなさん、ストッケブランドの”子どもの目線を第一に考えた製品づくり”というコンセプトに共感をしてくださり、製品を愛用されていることを実感しました。

A group photo shows the genuine support for the brand and Stokke’s philosophy, ‘In the best interest of the child.’

第2部はプレスの方々をご招待し、ビジネスにフォーカスしたお話しをさせていただきました。両セッションとも、第3者のお立場から、子どもと食卓を囲むことの大切さや、一人一人の成長にあった環境づくりの重要性を、元幼稚園教諭で現在は出張料理人として活躍されているマカロン由香さんにお話しいただきました。実際に保育の現場で子どもと向き合ったご経験と、現在7か月のお子さまのママでもいらっしゃるご自身のお話しには説得力があり、参加者の皆さんは一同に聞き入っていらっしゃいました。

During the second half of the party, journalists were invited to listen to a presentation to learn more about Stokke’s business and its success. Two sessions were held featuring Ms. Yuka Macaron who shared her experiences as a kindergarten teacher and in her current role as a private chef, talked about the importance of sitting together with children at the dining table to create a suitable environment for them. As a mother of a 7-month old child, the entire audience listened carefully to her captivating talk and meaningful words.

メディアとブロガーの方々も誘致した結果、ブログやインスタグラムといったSNSやウェブで情報を拡散することができ、10月1日の発売前に、新商品に関する話題を盛り上げることが出来ました。

Lively discussions took place on social media platforms such as Instagram with journalists and bloggers leading up to the October 1 launch.

top of the page

日本初上陸!『フレンチ・ランジェリー展』 開催 
Lingerie Francaise Exhibition – A first in Japan

パリを皮切りに2012年から、ロンドン、上海、ドバイ、ベルリン、ニューヨーク、トロント、モスクワと世界各国を巡回してきたフレンチ・ランジェリー展(Lingerie Francaise)が、2014年夏、東京に上陸し、9日間限定で2014年7月20日から28日まで原宿に位置するバツ・アート・ギャラリーにて開催されました。初日の20日は、一般公開に先駆け、日本でフレンチ・ランジェリーを扱う日本の代理店の皆様によるテープカットで華やかに幕を開けました。会場には10の展示ブースの他、フレンチ・シックなワードローブをイメージしたフォトコーナーが完成!沢山の方にブースの前で写真を撮っていただきました。

Originating in Paris in 2012, the Lingerie Francaise Exhibition has travelled around the world from London to Shanghai, Dubai, Berlin, New York and Moscow. In July 2014 the exhibition finally reached Japan and was held over nine days in the BA-TSU Gallery in Harajuku, Tokyo.

A ribbon cutting ceremony was held on July 20 to open the exhibition prior to public viewing. Many involved in supplying French lingerie in Japan attended. The exhibition featured 10 display cases from 100-year old corsets to the latest spring / summer collections. In addition to the historical pieces, a chic and stylish French wardrobe took pride of place at the entrance and provided the perfect spot for people to take photos and selfies.


日本の販売代理店の代表者の方々とシモーヌ・ペレール社の代表者、キャサリン・オーメン氏と
Ms. Catherine Ormen, representative of Simone Perele, along with Japanese sales agents.

22日(火)の夜は、プレス・オープニング・レセプションが行われました。この日お集まりくださったのはプレス関係者・フレンチ・ランジェリーがお好きなセレブリティの方々を含めおよそ100名。MC兼モデレーターにはパリ在住の中村江里子さんをお迎えし、キュレーターのキャサリン・オーメン女史とのトークショーが行われました。フレンチ・ランジェリーを日常に取り入れる楽しみ方をお話ししてくださいました。フレンチ・ミュージックとフレンチ・カクテル&カナッペでフレンチ・ナイトな宴となりました。

An official press reception was held on July 22 and attended by more than 100 media and invited guests. Eriko Nakamura, a freelance journalist living in Paris and former broadcaster with Fuji Television, was the evening’s emcee and moderated a talk with exhibition curator Ms. Catherine Ormen. They discussed the joys of bringing the beauty of French lingerie into people’s lives. The magical and enchanting evening was awash with French music, cocktails and canapés.


パリ在住の中村江里子さん(左)とキュレーターのキャサリン・オーメン女史(右
Left: Ms. Eriko Nakamura, Right: Ms. Catherine Ormen


モデルの久保京子さん
Ms. Kyoko Kubo, Japanese model


バレリーナの上野水香さん
Ms. Mizuka Ueno, Japanese ballerina


フレンチ・ランジェリーをイメージしたスイーツ
Sweets reflecting the image of French lingerie

一般公開の期間中も沢山の方々にお越しいただきました。
会場に足を運んでくださった皆様に、心より感謝申し上げます。
またの機会にお目にかかれますことを楽しみにしています。


フレンチ・ランジェリー協会の来日メンバー
Members of the Lingerie Francaise Association from France

 

top of the page