Scene

Candlewick Official Blog

21世紀型スキルを育むプログラミング教育の可能性を考えるシンポジウムを開催 
E4Theld a symposium to discuss on possibility of programming education as 21st skill

5月15日(火)東京大学 福武ホールにて、NPO法人CANVASとキャンドルウィックが主催する次世代幼児教育研究プロジェクト(E4T)による、第2回目となるシンポジウムを開催し、多くの教育関係者、保護者にお集まりいただきました。サイエンス作家で、英語・日本語・プログラミング言語のトライリンガル教育を実践するYes International School設立者でもある竹内薫氏の基調講演にはじまり、実際にプログラミング教育を取り入れている教育機関から、実践的な情報が共有されました。

On May 15th, NPO CANVAS and Candlewick held their second symposium named E4T (Education for Tomorrow) at Fukutake Hall of Tokyo University, welcoming many educators, education-related faculties and parents. Mr. Kaoru Takeuchi, a science writer and the founder of Yes International School that provides trilingual education in English, Japanese, and programming languages, presented a keynote speech followed by several educational faculties who shared their experiences in programming education.

竹内氏の講演では、これまでの歴史と労働市場を鑑み、現在の教育は前時代の産業に合うように作られているために、そこからはみ出した子どもたちの受け皿が必必要で、それがYes International school設立の背景の一つとなっていることが話されました。またこれからのAI時代には、子どもたちが人間ならではの創造性を発揮しそれを実現するために、AIを外部脳として活用していくための言語スキルを身につける必要があるとしました。子どもを育てる親も多いキャンドルウィックスタッフも、非常に考えさせられる内容でした。

Mr Takeuchi explained that the reason behind establishing a trilingual school like Yes International School, is to accept children who drop out of the current education system that has long been adjusted to the industry of previous era, given the history and labor market that existed until today. He continued to explain that in the AI generation this coming future, there is a necessity for children to exert their creativity to the fullest and learn the suitable language skills to adjust to the AI world.

実践発表やパネルディスカッションにご登壇いただいたのは、オープンソースのプログラミングソフトScratchJrを使ってシニア世代と若者、子どもがフラットな関係で学びあうワークショップを開催しているNPO法人山梨情報通信研究所理事の杉浦学氏、2012年から幼稚園でiPadを活用した教育を導入したことに始まり、未踏ジュニアスーパークリエーター認定者までを輩出している学校法人信学会のICT教育推進担当・次世代教育開発部部長の栗林聖樹氏、そして、キュベットを使ったプログラミング教育を導入しているプリスクール「クランテテ三田」から、学研塾ホールディングス 経営企画本部ディレクターの西村文孝氏と、株式会社GIビレッジ 「クランテテ三田」のプリスクールフェロー 中嶋雄一氏です。パネルディスカッションではCANVASの石戸奈々子さんによるファシリテーションで、プログラミング教育実践のやりがいや効果、難しさと問題への取り組み方など、教育現場で役立つ具体的な情報が共有されました。

Following the keynote talk, four participants made a presentation and exchanged their views at the panel discussion. Mr. Sugiura from NPO Yamanashi Information and Communication Institute, who created programming workshops with a software called ScratchJr. for children, young and elderly to learn together regardless of age. Mr. Kuribayashi, who is responsible for ICT education acceleration and next generation education development at Shingakukai, an educational institution that enforced iPad in their kindergarten from 2012 and produced students  accredited of “Mitou Junior Super Creator” a sponsored project that supports creator and programmers under 17 years old. Mr. Nishimura, the director of Gakken cram school holdings who introduced their case study of using Cubetto, and finally, Mr. Nakajima from GI village of Clantete educational institute where Montessori based programs are being practiced. The panel discussion was ran by CANVAS Ms. Nanako Ishido who shared knowledges and experiences of programming education as well as useful information of the efficiency and difficulty of programming education for those who consider taking in programming education in the future.

当日参加された方々からは、人材不足や知識不足など教育現場における切実な問題点があげられる一方、今回のプレゼンテーションできれいごとにとどまらない実践例を知ることができ、考え方が変わった、といった声が聞かれました。

Among the attending participants, a few raised questions about the lack of specialists and knowledges about programming in the current Japanese education system. On the other hand, others had positive feedbacks stating the actual case studies brought up during the event were open-minding and inspired them to think in a broader way.

プリモトイズ設立者のフィリッポ・ヤコブが基調講演を行なった昨年の第一回シンポジウムから半年の間に、キャンドルウィックのプリモトイズビジネスも成長し、教育関係者の方々とのネットワークがますます広がっています。次世代幼児教育研究プロジェクトでは、新しい幼児教育のあり方を皆さんと一緒に考えてまいりますので、今後の活動にもぜひご注目ください。

6 months ago we opened our first symposium with the honor of having Primo Toys founder, Filippo Yacob, explaining the importance of programming and Primo Toys in a keynote speech. Candlewick has operated as the Japan branch office of Primo Toys and its business has expanded with wider network of educational sectors today. E4T will continue to focus on new education for children. Follow us to stay tuned!

 

 

top of the page

モナコのレスポンシブル・ラグジュアリー 
Responsible Luxury in Monaco

In our role as the Monaco Tourism Bureau for Japan, we held our 2018 Media Launch Event on March 14th at The Strings Omotesando to introduce the new “Green is the New Glam” message for 2018, and attracted over 60 members of the media.

2018年3月14日(水)、ザ・ストリングス表参道フォームの始まりにて、モナコ政府観光会議局が主催し、2018年のプレス発表会を開催しました。当日は60名のメディア関係者の方にお越しいただき、2018年度のテーマ「レスポンシブル・ラグジュアリー」について、新施策を紹介しました。

The event opened with a Monaco Tourism Movie, followed by a welcome speech by our Director, Mrs. Noriko Silvester. We then introduced our 2018 theme of Responsible Luxury through a presentation by our Press Manager, Ms. Mine Nakao.

今回のイベントは、モナコの観光イメージムービーとモナコ政府観光会議局日本事務所のディレクターを務める弊社代表のシルベスタ典子からご挨拶のメッセージで始まりました。また、PRマネジャーの中尾海音からは、2018年のテーマである「レスポンシブル・ラグジュアリー(地球に優しいラグジュアリー)」の内容をプレゼンテーションで発表しました。

The presentation included information on Monaco’s rich history, its ongoing initiatives towards energy transition and sustainability, an introduction of touristic ways to enjoy responsible luxury in Monaco, and a preview of the new Green Tourism movie.

プレゼンテーションの内容には、モナコの豊かな歴史や概要、そして、エネルギー移行のためのミッションや持続可能なエネルギーに対する官民一体となった取り組み、モナコででできるグリーンな体験について、グリーンツーリズムの映像と共に紹介しました。

Following the presentation, we announced our plans for the 2018 year, including the ELLE Café meets Monaco collaborative menu, which will be launched this summer in partnership with ELLE Café, Fairmont Monte Carlo and l’Orangerie. To highlight the collaboration, we setup a photo corner of the “Summer Orange Tea Bottle” in the lobby welcome space, where guests were able to enjoy a first-look of the summer beverage.

さらに、2018年の計画を含め、モナコを代表するラグジュアリーホテル、フェアモント・モンテカルロとモナコ産のプレミアムリキュール、オランジュリーを製造販売するモン・シャルル社との提携で開発・製作したELLE Caféとのコラボレーションメニューを6-7月に発売することを発表しました。新発売するELLECaféロゴ入りの「サマー・オレンジ・ティー・ボトル」のフォトコーナーにて展示しました。

We also hosted a talk-show between the principal dancer of Tokyo Ballet Company, Mizuka Ueno, and travel expert/model for women’s fashion and lifestyle magazine VERY, Yoshiko Kris-Webb. The two women discussed the lifestyle in Monaco from the aspects of art, culture, beauty, luxury and health.

また、ゲストには、モナコにバレエ留学の経験があり、東京バレエ団のプリンシパルとして国内外で活躍する上野水香さんと旅好きとしても知られる女性ファッション・ライフスタイル誌VERYのモデル、クリス-ウェブ佳子さんがモナコの芸術、文化、ビューティー、ウェルネスなどモナコ現地の魅力について対談しました。

Following the talk-show, guests were able to enjoy a buffet of traditional Monegasque Cuisine and a special cocktail prepared with l’Orangerie liqueur, resulting in several great coverages of Monaco and the 2018 “Green is the New Glam” initiatives in both trade and lifestyle media.

最後に、来場したお客様にはモナコの伝統的な郷土料理のビュッフェとオランジュリーのカクテルを楽しんで頂きました。このイベントにより、モナコと2018年のメッセージ「レスポンシブル・ラグジュアリー」をきかっけに様々なメディアに取り上げていただき、多くの方にモナコの魅力をお伝えすることができました。

 

★Visit Monaco Webpage http://www.visitmonaco.com/jp

★公式Facebook https://www.facebook.com/VisitMonacoJapon/

★公式Instagram https://www.instagram.com/monacotabi/

top of the page

2017年のハイライト 
Highlights of 2017

As we kick-off the new year, we wanted to share a look back at some of our highlights from 2017. We look forward to continuing to produce exciting events, and creative PR strategies, for our wide roster of global clients. Cheers to a wonderful 2018!

新しい年のはじまりに際し、2017年の活動を振り返りながら、簡単にご紹介させていただきます。2018年も様々なイベント、クリエィティブなPR戦略をグローバルなクライアントの皆さまとご一緒に創りだしてまいります。どうぞ本年もよろしくお願いいたします!

 

  • Introducing the Magic of the KitchenAid Mixer to Japanese Media

 

On September 20, we organized an intimate media workshop event to celebrate the launch of the new Artisan Mini Stand Mixer by KitchenAid. Now 20% smaller, it is perfectly suited for Japanese kitchens! Following a demonstration by Food Creator, Macaron Yuka, guests were invited to test the product for themselves, using several fun attachments. They created macaroni using the pasta press, cut colorful vegetables into fun shapes using the spiralizer, and were able to quickly whip up merengue using the mixer!

9月20日(水)にキッチンエイド社のArtisan Mini スタンドミキサーの新発売を記念して、メディア体験会を開催しました。フードクリエイターのマカロン由香さんによるデモンストレーションに続いてはTouch & Try ! パスタマシーンでマカロニを作ったり、スパイライザーで野菜をくるくるカットしたり、もちろんミキサーの本領であるメレンゲ作りも、盛り上がりました!20%小さくなったArtisan Miniは日本のキッチンにピッタリ!

 

★KitchenAid Website http://www.kitchenaid.jp

 

 

  • Fusing Tradition and Innovation to Showcase Yves Thuriès Chocolates

 

On October 3rd, we conducted a press conference introducing the Yves Thuriès 2018 Valentine Collection, with talkshow guests, Chocolate Coordinator and Journalist, Ms. Ayumi Ichikawa, and Director in Japan of Atout France, Mr. Frédéric Mazenq. To promote the brand’s focus on both authentic traditional French chocolates and the development of new flavors and recipes, the event was held at the Kanze Noh Theater, located in the newly opened Ginza6, around the theme of “Tradition and Innovation”. Following the talkshow, media enjoyed a tasting of 15 varieties of chocolates, next to an Ikebana and chocolate display.

10月3日(木)に、大人のための本格ショコラ「イヴ・チュリエス」の2018バレンタインコレクションのメディア発表会を開催しました。イヴ・チュリエスの、伝統的な製法を守りながら、毎年革新的なレシピ発表し続けている「伝統と革新」のスピリットを表現するため、会場として特別に、今年、GINZA6という情報発信地に移転し、革新的な取組みを始めている“観世能楽堂”を選びました。トークショーでは、ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリストの市川歩美さんと、フランス観光開発機構の日本代表、フレデリック・マゼンクさんから、イヴ・チュリエス・ショコラの魅力を紹介していただきました。ご参加いただいたメディアの皆様には、今回のテーマにあわせて活けられた草月流の生け花とチョコレートのディスプレイを前に、15種類のバリエーション豊かな本格ショコラをご堪能いただきました。

 

★Yves Thuries Landing Page http://yvesthuries.jp/ 

★公式Facebook https://www.facebook.com/yvesthuriesjp/ 

 

 

  • Celebrating Nominations in Two Categories at the 10th Annual British Business Awards

 

Candlewick’s Founder and CEO, Noriko Silvester was nominated for Entrepreneur of the Year at the 10th Annual British Business Awards hosted by the British Chamber of Commerce in Japan (BCCJ). The evening offered a great opportunity to celebrate UK-Japan relations, while enjoying a 5-course British meal. We were also honoured to be nominated in the category of Innovation for our work as Primo Toys Japan.

私たちの代表であり、設立者であるシルベスタが在日英国商業会議所が主催する今回10周年を迎えたブリティッシュビジネスアワードのアントレプレナーオブザイヤーにノミネートされました。また、弊社が正規代理店を務めるPrimo Toys Japanの功績が認められ、イノベーション部門にてもノミネートされました!

 

★BCCJ Webpage http://bccjapan.com/

 

 

  • Introducing the new Global Experience Monaco Award

 

In our role as the Monaco Government Tourism and Convention Bureau of Japan, we were delighted to sponsor the 2017 EY Entrepreneur of the Year Japan Award Ceremony on November 28th. Our Managing Director Noriko Silvester had the honor of introducing the new Global Experience Monaco Award, which will allow one finalist to attend the Global EOY Ceremony, which takes place every June in Monaco, as a supporter of the Japan Representative and as a networking and growth experience towards global success. The winner in 2017 of the Global Experience Monaco Award was Mr. Takayoshi Honda, President and Representative Director of Honda Plus Co., Ltd.

モナコ政府観光会議局は、11月28日(火)にEY Japanが開催した起業家表彰制度「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン」アワード・セレモニーに協賛し、「グローバル・エクスペリエンス・モナコ賞」を創設、1名の方に授与しました。グローバル・エクスペリエンス・モナコ賞とは、部門大賞受賞者3名の中から、惜しくも日本代表には至らなかったものの、今後グローバルでの活躍を期待される起業家1名を、2018年6月にモナコで行われる世界大会「EY ワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」へご招待し、世界の起業家との交流の機会を提供しながら、ご自身の起業活動を支援していくものです。栄えある第1回目受賞者は、本多プラス株式会社代表取締役社長 本多孝充氏が選ばれました。

 

★Visit Monaco Webpage http://www.visitmonaco.com/jp

★公式Facebook https://www.facebook.com/VisitMonacoJapon/

★公式Instagram https://www.instagram.com/monacotabi/

 

 

  • Organizing a MEGA FAM trip to Guam for the 50th Anniversary of Japan-Guam Relations

 

In celebration of the 50th year anniversary of Japan-Guam relations, we conducted the largest visit to Guam to-date for media and influencers to promote tourism with a “Guam Mega FAM tour” from Thursday, November 30th to Sunday, December 3rd.

Approximately 400 media and tourist industry people attended the tour, departing from 6 cities with service to Guam (Sapporo, Sendai, Tokyo, Nagoya, Osaka, and Fukuoka). The group experienced the beautiful nature, delicious cuisine, and fun activities available in Guam. We were able to showcase this summer paradise, only three and a half hours from Japan, that blends the unique culture of Chamorro and America, and increase the awareness of Guam as a travel destination.

2017年に日本—グアム観光交流50年を迎えたことを記念して、これまでで最大規模のメディアおよび旅行関係者の方々を対象にした、誘客促進のための現地視察「グアム・メガ・ファム・ツアー」を11月30日(木)から12月3日(日)に開催しました。

グアム線が就航している6都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡)から、約400名のメディア、旅行関係者の方々にご参加いただくことができました。日本からわずか3時間半の常夏の楽園“グアム”の美しい自然、美味しい料理、チャモロとアメリカがミックスしたユニークなカルチャー、そして豊富なアクティビティを皆さまに実際にご体験いただき、日本人の身近で安全な旅のディスティネーションとしてのグアムのポテンシャルの高さを改めてお伝えすることができました。

グアム 公式インスタグアマーに認定されたAKB48グループの皆さん

 

★InstaGuam Campaign Page http://japan.visitguam.jp/campain/2018/instaguam/

★公式Facebook https://www.facebook.com/visitguam.jp

★公式Instagram https://www.instagram.com/visitguam_jp/

 

 

  • Launching a New Project to Enhance Early Childhood Education

 

Candlewick launched the “Early Education for Tomorrow” project in collaboration with NPO Canvas, with the purpose of furthering research and understanding around children’s ideal learning. On November 7, we held a symposium for elementary school teachers and parents entitled “First Steps in Programming Education.” As the Official Japan Distributor of Primo Toys, Candlewick invited representative Filippo Yacob, Co-Creator of programming toy Cubetto, for a keynote lecture. The following panel discussion focused on the possibility of spreading programming education and the necessary tools for future generations to survive and thrive. Learn more here.

キャンドルウィックがNPO法人CANVASと共同で、子どもたちの未来の学びを考える「次世代幼児教育研究プロジェクト(E4T)」を立ち上げました。11月7日(火)には「プログラミング教育の最初の一歩」と題したシンポジウムを開催。キャンドルウィックが販売総代理店となっているプログラミング玩具「キュベット」を開発した、プリモトイズ代表のフィリッポ・ヤコブの基調講演にはじまり、各種ツールの紹介、そして、パネルディスカッションでは、未来を生き抜く力につながるプログラミング教育の可能性について、熱い議論が繰り広げられました。詳しくはこちら

 

★Early Education For Tomorrow (E4T) project website https://www.e4t.jp/

★公式Facebook https://www.facebook.com/E4Tproject/

top of the page