Scene

Candlewick Official Blog

Category Archives: blog

キャンドルウィック、在日英国商業会議所(BCCJ)主催の ボリス・ジョンソン英外務大臣インタビューセッションに出席 
Candlewick attends Interview with UK Foreign Secretary Boris Johnson hosted by British Chamber of Commerce in Japan (BCCJ)

721日(金)、在日英国商業会議所(BCCJ)主催によるボリス・ジョンソン英外務大臣の訪日を歓迎したインタビューセッションがシャングリ・ラ ホテル東京にて開催されました。イベントにはBCCJメンバーならびに招待客合わせて140名以上が参加し、EU離脱後の英国の展望や日英関係、また2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどに関するジョンソン氏のお話に耳を傾けました。

On Friday, July 21, the British Chamber of Commerce in Japan (BCCJ) welcomed UK Foreign Secretary Boris Johnson to the ballroom of the Shangri-la Tokyo for an interview on topics ranging from expectations for a post-Brexit UK, ongoing Japan–UK relations, and the potential of the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games.

 


BCCJ
の運営委員である弊社代表のシルベスタ 典子も招待され、スタッフと共に出席しました。インタビューの前にジョンソン氏と握手をさせて頂きました。(下写真左)

Candlewick’s Managing Director, Noriko Silvester, a member of the BCCJ Executive Committee, was pleased to attend the event, along with several staff members, and honored to have the opportunity to shake hands with the Foreign Secretary prior to the interview.

スピーチでジョンソン氏は、「日本との素晴らしく特別な政治的、商業的、および経済的関係」を推進するBCCJ関係者の尽力に感謝の意を示されました。またここ1年間で英国の個人投資が2,200件と過去最高を記録したことについて触れました。

Johnson thanked BCCJ members and guests, over 140 of whom were in attendance, for all they do to promote “the fantastically special political, commercial and economic relationship with Japan.” He added that the UK had seen 2,200 individual investments in the past year, the highest number to date.

 

英国のEU離脱に関しては、ジョンソン氏はマイナスな報道や見解には目を向けず、その利点に焦点を置くよう参加者を促した上で、「(EU離脱は)世界に背を向けることではなく、これまで以上にその扉を開き、世界との関係を築いていくことであるということを示していかなくてはなりません。」と述べました。また「日本はその商業的な野心と素晴らしい成功を遂げた国であり、島国がグローバルになりえることを教えてくれた。私たちも同じ島国であり、日本と共にその成功に向かって行動する必要がある。」とコメントしました。

On Brexit, Johnson encouraged the audience to focus on the positives and move away from the negative press and doomsday attitude, adding “We need to show [Brexit is] not about turning away from the world. It’s about being more open, more engaged in the world than ever before.” He added, Japan has showed how an island country can become truly global in its commercial ambitions with incredible success, and we need to work with Japan to do just the same.”

 

参加したキャンドルウィックのメンバーは、貿易、外交、現在の複雑な市場に関する知識を広げるために、外務大臣のインタビューを熱心に聞き入りました。今回学んだ知識を仕事にも活かして、クライアントを成功に導くことができるよう邁進していきたいと思います。

Candlewick was eager to hear from the Foreign Secretary as part of our continued effort to expand our expertise on foreign trade, relations, and the ongoing complexities of the market. We look forward to transforming this knowledge into additional support for our global roster of clients.

 

★About BCCJ  https://www.bccjapan.com/

★Interview Summary https://www.bccjapan.com/news/2017/07/boris-johnson-bccj/

Photos courtesy of Life14.

top of the page

プログラミング玩具「プリモトイズ キュベット」STEAM教育イベントでワークショップを実施 
Workshop using Primo Toys’ “Cubetto” at STEAM KIDS

去る5月28日、東京大学本郷キャンパスにて行われたSTEAM教育を体験できるイベント「STEAM KIDS」で、キャンドルウィックが扱っている英国のプログラミング玩具「キュベット」のワークショップを開催しました。このワークショップにはなんと500名を越える応募があり、幼児期のプログラミング教育への関心の高さを実感しました。当日は3歳から6歳まで、約32人の子ども達が集まり、1つのプレイセットを4人程度で囲み、みんなで目的地までキュベットを動かしました。30分でキュベットの仕組みを理解した子ども達は、お父さん、お母さんにも動かし方を教えられるほどに。みんな集中して遊んでいました。

On May 28th, Candlewick held a workshop with STEAM KIDS, a STEAM education program at Tokyo University Hongo campus, to introduce English programming toy, Cubetto. We received more than 500 applications for the 32 seats, a response which demonstrated the growing number of people interested in programming education for young children. Children from 3 years old to 6 years old gathered and played with one Cubetto playset per four children. They set their own goal and programmed Cubetto to move to the goal. The children were able to learn how to use the toy within 30 minutes, and were even able to teach their parents how to play with Cubetto by the end of the workshop. Everyone was concentrating while enjoying Cubetto.

参加した保護者の方からは、「手先を使ってみんなで遊べるという点が安心だと思いました。」「子どもがすごく集中しているのに驚きました。」「3歳でも十分、自然にキュベットを理解して遊べる、ということが分かりました。」といった声をたくさんいただきました。

We received many nice comments from the participating parents such as:
“It’s reassuring to see them playing all together, using their hands”.
“I was surprised to see children are so absorbed in playing with Cubetto”.
“I understood that even three-year-old children are old enough to play with the playset, though I thought they would be too young”.

STEAMとは、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、芸術(Art)、数学(Mathematics)の頭文字を並べた言葉で、これらを総合的に用いて問題解決ができることを目指すSTEAM教育が注目されています。

STEAM stands for Science, Technology, Engineering, Art, and Mathematics. Increasing attention has been gathered around STEAM education, by which children learn how to solve problems using the skills developed from each subject area.

このイベントは、子ども達に新しい学びの場を作るNPO法人CANVAS主催で、理事の石戸さんは、2月にキュベットの開発者であるフィリッポが来日した際も、トークイベントでご登壇いただきました。(トークイベントの様子はこちらから)

STEAM KIDS was organized by NPO CANVAS, and its head Ms. Ishido who also appeared on a talk session with Filippo, the founder of Primo Toys last February.(Visit here.)

CANVASのウェブサイトでも、3話にわたり、プログラミング教育に関するフィリッポと石戸さんの対談を取り上げて頂いています。是非ご覧下さい。

There is also a series of articles featuring conversations between Filippo and Ms. Ishido on the CANVAS website, so please take a look.

★プリモトイズ キュベット公式ホームページ・購入ページ (Japanese online shop)  http://www.primotoys.jp/

★公式Facebook  https://www.facebook.com/primotoysjapan/

★公式Instagram  https://www.instagram.com/primotoysjapan/

top of the page

世界的スパークリングワインメーカー、英国のボルニー社とディグビー社初来日 
LEADING ENGLISH SPARKLING WINEMAKERS BOLNEY AND DIGBY VISIT JAPAN

キャンドルウィックは、2017年5月15日(月)から19日(金)までの間、英国サセックス地方の中心地にワイナリーを構える世界的ワインメーカー、ボルニー・ワイン・エステイト社とディグビー・ワイン・イングリッシュ社の英国産スパークリングワインのプロモーションをサポートしました。今回のプロモーションは、1週間にわたり、業界関係者やトップソムリエ、メディア、一般消費者向けにそれぞれ試飲会を行い、ボルニー・ワイン・エステイト社の代表取締役社長兼トップ・ワインメーカーのサマンサ・リンターとディグビー・ファイン・イングリッシュ社のCEO兼トップ・ブレンダーのトレヴァー・クラウは日本未発売の3種類のワインを含む英国産スパークリングワインを直接日本の皆様にご紹介しました。

Candlewick supported world-class English winemakers Bolney Wine Estate and Digby Fine English, both located in the heart of rural Sussex, UK, with their first ever visit to Japan to provide exclusive English Sparkling Wine tasting sessions to members of the press, trade partners and key influential sommeliers and wine experts in Japan between the 15th and 19th May 2017. Managing Director & Head Winemaker, Mrs. Samantha Linter of Bolney Wine Estate, and CEO & Head Blender, Mr. Trevor Clough of Digby Fine English, visited Japan for the first time to provide personalized tasting sessions of their English Sparkling Wine portfolio, including the exclusive opportunity to taste three first-time entrant wines not yet available for purchase in Japan.

この1週間にわたるプロモーションを通じて、日本マーケットにおける英国産スパークリングワインへの関心の高まりを実感することができ、また世界トップクラスの品質への高い評価を受けることができました。特にソムリエや業界、メディアの方からは、両社の2種類のスパークリングロゼが試飲会でも大好評で、日本の消費者からのスパークリングロゼへの需要が今後、劇的に増加していくであろうとのコメントをいただきました。

The week’s activities and events showed the exponential growth in interest and awareness of the English Sparkling Wine category in Japan, showing increased trade interest and recognition of the world-leading quality of English Sparkling Wines. Sommeliers, trade and member of the press voiced certainty that there will be a significant increase in demand by Japan consumers starting this year, with the two sparkling rosés proving an especially strong hit in tasting sessions.

キャンドルウィックは、在日英国商業会議所(BCCJ)の40名以上もの会員が参加した5月18日(木)開催の限定セミナー・試飲会の企画もサポートいたしました。参加者は英国産スパークリングワインの高い品質や両ワインメーカーのポートフォリオの紹介に熱心に聞き入っていました。

Candlewick supported the organization of an exclusive British Chamber of Commerce Japan (BCCJ) members’ seminar and tasting session on Thursday 18th May, which was attended by over 40 BCCJ members. Participants were excited to better understand the portfolios of both wine makers, as well as the high quality of the English Sparkling Wine category.

またメディアやインフルエンサー向けの試飲会を弊社オフィスにて開催し、17名の方々に参加いただきました。参加者の方々からは、英国産スパークリングワインの種類の豊富さや高い品質への称賛の声が聞かれました。

Candlewick also arranged an exclusive media and influencer tasting session at the Candlewick office, and secured the attendance of 17 influential members of the press, influencers and sommeliers. Photo sessions took place on the beautiful roof garden, and the attending media and influencers were impressed by the variety and high quality of the English sparkling wines.

あわせて、ボルニー・ワイン・エステイト社とディグビー・ファイン・イングリッシュ社による一般社団法人ソムリエ協会試飲会の開催もお手伝いいたしました。23名の日本人ソムリエの方々に6種類の英国産スパークリングワインを試飲いただきながら、英国のテロワールや英国南部で栽培されるぶどうの品種、さらにはワインメーカーおすすめのフードとのペアリングなどについて質問にお答えしました。

In addition to Candlewick organized activities, Bolney Wine Estate and Digby Fine English also held an exclusive seminar and tasting session for 23 members of the Japan Sommelier Association wine tasting seminar and tasting session, providing the sommeliers the opportunity to taste six English Sparkling Wines and ask questions about the English terroir, the grape varieties that flourish in the South of England, as well as the food pairings recommended by the wine-makers themselves.

更には、両ワインメーカーともに、英国大使館にて、英国ワイン・スピリッツ協会(WSTA)の一員として、B-to-Bイベントである試飲商談会に参加しました。日本のメディア同様に英国産スパークリングワインやスピリッツに強い関心を寄せる100人超の業界関係者の方々が出席されました。

Furthermore, both wine-makers also attended a B-to-B tasting session as part of the Wine and Spirit Trade Association (WSTA) Mission to Japan at the British Embassy. Over 100 trade and import partners with a strong interest in English Sparkling Wines and spirits, as well as Japanese media, attended the event.

昨今、世界的ワイン評論家を中心に、英国南東部は優良なスパークリングワインの生産地としての認識が高まりつつあります。これまで英国のワイナリーは、15年以上の年月をかけ、職人による手作業で細部にまでこだわり抜いた製法によって、英国で最も人気の高い品種のシャルドネとピノ・ノワールから最高級スパークリングワインを造るべく協働してきました。現在では、年間平均生産量500万本を製造しており、そのうち2/3がスパークリングワインです。南東部、特にサセックス州、ケント州、ハンプシャー州の気候が、地球温暖化の影響による気温上昇もあり、ぶどうの栽培に優れた地域となっています。

Wine experts around the world are increasingly recognizing South East England’s ability to produce some of the finest sparkling wines on the planet. With a focus on small, artisan, hand production, over the last 15 years the English wine industry has coalesced around the production of fine sparkling wine with the most popular grape varieties grown in English vineyards being Chardonnay and Pinot Noir. There is an average annual production of five million bottles, of which two thirds is sparkling. Thanks in part perhaps to temperature rises due to global warming, the climate of the South East makes it the most prestigious region for growing vines, especially Sussex, Kent and Hampshire.

キャンドルウィックは、日本マーケットにおける成長を見込む英国産スパークリングワインのプロモーション支援をさせていただくことができ、非常に嬉しく思うとともに、今後、世界を牽引する英国産スパークリングワインに対する消費者の関心を高め、販売促進や一層のメディアへの露出に努めて参ります。

Candlewick is proud to be supporting this growing category with promotion in the Japan market, and looks forward to increasing media coverage, consumer interest and sales of these world-leading English sparkling wines.

 

top of the page