Scene

Candlewick Official Blog

Category Archives: blog

2017年のハイライト 
Highlights of 2017

As we kick-off the new year, we wanted to share a look back at some of our highlights from 2017. We look forward to continuing to produce exciting events, and creative PR strategies, for our wide roster of global clients. Cheers to a wonderful 2018!

新しい年のはじまりに際し、2017年の活動を振り返りながら、簡単にご紹介させていただきます。2018年も様々なイベント、クリエィティブなPR戦略をグローバルなクライアントの皆さまとご一緒に創りだしてまいります。どうぞ本年もよろしくお願いいたします!

 

  • Introducing the Magic of the KitchenAid Mixer to Japanese Media

 

On September 20, we organized an intimate media workshop event to celebrate the launch of the new Artisan Mini Stand Mixer by KitchenAid. Now 20% smaller, it is perfectly suited for Japanese kitchens! Following a demonstration by Food Creator, Macaron Yuka, guests were invited to test the product for themselves, using several fun attachments. They created macaroni using the pasta press, cut colorful vegetables into fun shapes using the spiralizer, and were able to quickly whip up merengue using the mixer!

9月20日(水)にキッチンエイド社のArtisan Mini スタンドミキサーの新発売を記念して、メディア体験会を開催しました。フードクリエイターのマカロン由香さんによるデモンストレーションに続いてはTouch & Try ! パスタマシーンでマカロニを作ったり、スパイライザーで野菜をくるくるカットしたり、もちろんミキサーの本領であるメレンゲ作りも、盛り上がりました!20%小さくなったArtisan Miniは日本のキッチンにピッタリ!

 

★KitchenAid Website http://www.kitchenaid.jp

 

 

  • Fusing Tradition and Innovation to Showcase Yves Thuriès Chocolates

 

On October 3rd, we conducted a press conference introducing the Yves Thuriès 2018 Valentine Collection, with talkshow guests, Chocolate Coordinator and Journalist, Ms. Ayumi Ichikawa, and Director in Japan of Atout France, Mr. Frédéric Mazenq. To promote the brand’s focus on both authentic traditional French chocolates and the development of new flavors and recipes, the event was held at the Kanze Noh Theater, located in the newly opened Ginza6, around the theme of “Tradition and Innovation”. Following the talkshow, media enjoyed a tasting of 15 varieties of chocolates, next to an Ikebana and chocolate display.

10月3日(木)に、大人のための本格ショコラ「イヴ・チュリエス」の2018バレンタインコレクションのメディア発表会を開催しました。イヴ・チュリエスの、伝統的な製法を守りながら、毎年革新的なレシピ発表し続けている「伝統と革新」のスピリットを表現するため、会場として特別に、今年、GINZA6という情報発信地に移転し、革新的な取組みを始めている“観世能楽堂”を選びました。トークショーでは、ショコラコーディネーター・チョコレートジャーナリストの市川歩美さんと、フランス観光開発機構の日本代表、フレデリック・マゼンクさんから、イヴ・チュリエス・ショコラの魅力を紹介していただきました。ご参加いただいたメディアの皆様には、今回のテーマにあわせて活けられた草月流の生け花とチョコレートのディスプレイを前に、15種類のバリエーション豊かな本格ショコラをご堪能いただきました。

 

★Yves Thuries Landing Page http://yvesthuries.jp/ 

★公式Facebook https://www.facebook.com/yvesthuriesjp/ 

 

 

  • Celebrating Nominations in Two Categories at the 10th Annual British Business Awards

 

Candlewick’s Founder and CEO, Noriko Silvester was nominated for Entrepreneur of the Year at the 10th Annual British Business Awards hosted by the British Chamber of Commerce in Japan (BCCJ). The evening offered a great opportunity to celebrate UK-Japan relations, while enjoying a 5-course British meal. We were also honoured to be nominated in the category of Innovation for our work as Primo Toys Japan.

私たちの代表であり、設立者であるシルベスタが在日英国商業会議所が主催する今回10周年を迎えたブリティッシュビジネスアワードのアントレプレナーオブザイヤーにノミネートされました。また、弊社が正規代理店を務めるPrimo Toys Japanの功績が認められ、イノベーション部門にてもノミネートされました!

 

★BCCJ Webpage http://bccjapan.com/

 

 

  • Introducing the new Global Experience Monaco Award

 

In our role as the Monaco Government Tourism and Convention Bureau of Japan, we were delighted to sponsor the 2017 EY Entrepreneur of the Year Japan Award Ceremony on November 28th. Our Managing Director Noriko Silvester had the honor of introducing the new Global Experience Monaco Award, which will allow one finalist to attend the Global EOY Ceremony, which takes place every June in Monaco, as a supporter of the Japan Representative and as a networking and growth experience towards global success. The winner in 2017 of the Global Experience Monaco Award was Mr. Takayoshi Honda, President and Representative Director of Honda Plus Co., Ltd.

モナコ政府観光会議局は、11月28日(火)にEY Japanが開催した起業家表彰制度「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン」アワード・セレモニーに協賛し、「グローバル・エクスペリエンス・モナコ賞」を創設、1名の方に授与しました。グローバル・エクスペリエンス・モナコ賞とは、部門大賞受賞者3名の中から、惜しくも日本代表には至らなかったものの、今後グローバルでの活躍を期待される起業家1名を、2018年6月にモナコで行われる世界大会「EY ワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー」へご招待し、世界の起業家との交流の機会を提供しながら、ご自身の起業活動を支援していくものです。栄えある第1回目受賞者は、本多プラス株式会社代表取締役社長 本多孝充氏が選ばれました。

 

★Visit Monaco Webpage http://www.visitmonaco.com/jp

★公式Facebook https://www.facebook.com/VisitMonacoJapon/

★公式Instagram https://www.instagram.com/monacotabi/

 

 

  • Organizing a MEGA FAM trip to Guam for the 50th Anniversary of Japan-Guam Relations

 

In celebration of the 50th year anniversary of Japan-Guam relations, we conducted the largest visit to Guam to-date for media and influencers to promote tourism with a “Guam Mega FAM tour” from Thursday, November 30th to Sunday, December 3rd.

Approximately 400 media and tourist industry people attended the tour, departing from 6 cities with service to Guam (Sapporo, Sendai, Tokyo, Nagoya, Osaka, and Fukuoka). The group experienced the beautiful nature, delicious cuisine, and fun activities available in Guam. We were able to showcase this summer paradise, only three and a half hours from Japan, that blends the unique culture of Chamorro and America, and increase the awareness of Guam as a travel destination.

2017年に日本—グアム観光交流50年を迎えたことを記念して、これまでで最大規模のメディアおよび旅行関係者の方々を対象にした、誘客促進のための現地視察「グアム・メガ・ファム・ツアー」を11月30日(木)から12月3日(日)に開催しました。

グアム線が就航している6都市(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡)から、約400名のメディア、旅行関係者の方々にご参加いただくことができました。日本からわずか3時間半の常夏の楽園“グアム”の美しい自然、美味しい料理、チャモロとアメリカがミックスしたユニークなカルチャー、そして豊富なアクティビティを皆さまに実際にご体験いただき、日本人の身近で安全な旅のディスティネーションとしてのグアムのポテンシャルの高さを改めてお伝えすることができました。

グアム 公式インスタグアマーに認定されたAKB48グループの皆さん

 

★InstaGuam Campaign Page http://japan.visitguam.jp/campain/2018/instaguam/

★公式Facebook https://www.facebook.com/visitguam.jp

★公式Instagram https://www.instagram.com/visitguam_jp/

 

 

  • Launching a New Project to Enhance Early Childhood Education

 

Candlewick launched the “Early Education for Tomorrow” project in collaboration with NPO Canvas, with the purpose of furthering research and understanding around children’s ideal learning. On November 7, we held a symposium for elementary school teachers and parents entitled “First Steps in Programming Education.” As the Official Japan Distributor of Primo Toys, Candlewick invited representative Filippo Yacob, Co-Creator of programming toy Cubetto, for a keynote lecture. The following panel discussion focused on the possibility of spreading programming education and the necessary tools for future generations to survive and thrive. Learn more here.

キャンドルウィックがNPO法人CANVASと共同で、子どもたちの未来の学びを考える「次世代幼児教育研究プロジェクト(E4T)」を立ち上げました。11月7日(火)には「プログラミング教育の最初の一歩」と題したシンポジウムを開催。キャンドルウィックが販売総代理店となっているプログラミング玩具「キュベット」を開発した、プリモトイズ代表のフィリッポ・ヤコブの基調講演にはじまり、各種ツールの紹介、そして、パネルディスカッションでは、未来を生き抜く力につながるプログラミング教育の可能性について、熱い議論が繰り広げられました。詳しくはこちら

 

★Early Education For Tomorrow (E4T) project website https://www.e4t.jp/

★公式Facebook https://www.facebook.com/E4Tproject/

top of the page

キャンドルウィック、子どもたちの未来を考える「次世代幼児教育研究プロジェクト」を発足 
For the future of children: Candlewick launches Early Education For Tomorrow project

昨秋、キャンドルウィックはNPO法人CANVASと共に「次世代幼児教育研究プロジェクト」を立ち上げました。このプロジェクトは、これからを生きる子どもたちの自主性をサポートし、試行錯誤する楽しさを伝え、自ら何かを創り出す力を実感できる学びのあり方を研究することを目的としています。

This fall, Candlewick and CANVAS, an NPO focusing on children and education, launched the Early Education For Tomorrow (E4T) project. E4T is committed in supporting children and their autonomy. The project encourages the fun of taking on challenges, learning through trial and error, and pursuing a learning style that provides children experience of creating something on their own.

去る11月7日には、東京大学の福武ホールで「プログラミング教育の最初の一歩」と題した第1回目のシンポジウムを開催しました。基調講演では、キャンドルウィックが扱う「プリモトイズ キュベット」の開発者であるフィリッポ・ヤコブが講演。これからを生きる子どもたちには、いままでとはまったく違う21世紀のスキルとして、「プログラミング」「データ収集・分析」「異文化間コミュニケーション」「AI/人工知能」に対応できる力が必要になるため、読み書きと同じ段階でプログラミングを学ぶ環境づくりが強く求められている。そして、幼い子どもたちにとっては、プログラミングはあくまで楽しい遊びの中で親しめるものであるべきであると強く訴えました。

The project’s first symposium, “The first step in programming education” was held at the Fukutake Hall of the University of Tokyo on Nov. 7. Filippo Yacob, Founder and Developer of Primo Toys Cubetto, addressed the audience as the key note speaker. “Children living in the 21st century need to take on completely different skills,” said Filippo. “These are ‘programming’, ‘data gathering and analysis’, ‘cross-cultural communication’, and ‘artificial intelligence (AI).’ Children need to learn programming as a new literacy, and the need for such learning environment is getting stronger than ever”. Filippo underlined the fact that programming must be learned in a playful, fun situation.

続くワークショップでは、キュベットのほか、ViscuitとOzobot のデモンストレーションも実施。いずれも子どもがはじめてプログラミングに触れる際に楽しく、簡単に、自由に想像力を働かせて自主的に取り組むことができるように工夫された製品です。来場した保育園、幼稚園、小学校の先生や保護者の方々からは、大人がプログラミング初心者でも子どもと一緒に取り組めそうなツールがあることを知って安心した、という声が多く聞かれました。

Participants to the symposium had a hands-on experience of Cubetto, Viscuit, and Ozobot at the demonstration workshop after the symposium. These products were all developed so to introduce programming in a fun, effortless way, so that the children can freely express their creativity in an autonomous manner. Educators from preschools, kindergartens, and primary schools as well as parents said that they were relieved to find fun tools that can be used by adults who are new to programming, so they can learn the skill together with their children.

そして、メインプログラムとして、教育者、教材開発、保護者、企業と、多角的な立場のパネリストによるパネルディスカッションを行いました。CANVAS理事長の石戸奈々子氏をモデレーターに、創造性を重視した幼児教育を実践しているしぜんの国 保育園園長の齋藤紘良先生、プログラミング教育を通じてアクティブラーニングを実践している小金井市立前原小学校校長の松田孝先生、Viscuitの開発者である原田康徳さん、Ozobotの日本販売パートナーである山脇智志さん、また企業経営をしながら子育てをしている母親代表としてブラウンシュガーファーストの荻野みどりさん、父親・企業人の代表としてフォーセンス・パートナーズの雨宮雄一さん、本プロジェクトの発起人であるキャンドルウィックのシルベスタ典子らが登壇。

The main event, a panel discussion with panelists of various aspects including educators, education material developers, parents, and corporations was held with Ms Nanako Ishido, President of CANVAS as the moderator. Panelists were: Mr Koryo Saito from Shizen no kuni Hoikuen, Mr Takashi Matsuda, Principal of Maehara Primary School in Koganei city, Mr Yasunori Harada, Developer of Viscuit, Mr Satoshi Yamawaki, Ozobot sales partner in Japan, Ms Midori Ogino from Brown Sugar First, representing mothers/entrepreneurs, Mr Yuichi Amemiya, Fosence Partners, Inc., and Noriko Silvester from Candlewick, who facilitated this project.

プログラミングはコンピューターの世界に限定されたものではなく、常に変化を求められる時代を生きる子どもたちには、自ら学び、自ら創り出していく力が必要であることや、自分で考える力や人に伝える力、うまくいかなったときに何度でも繰り返してチャレンジする気持ちを育くむなど、未来を生き抜く力を身につける学びにつながるものとしてのプログラミング教育の可能性について、熱く議論がされました。

Computational thinking does not only exist on screens. It is a mindset that contemporary children need to use to steer their way through the ever-changing environment, and help them learn and express their creativity. Computational thinking also supports children’s capability to think, communicate, and face challenges through trial and error. Discussions was led with a bold note of confidence in the potential in coding education, which will provide essential learning for children to grow their abilities to thrive in the future.

次世代幼児教育研究プロジェクトは、今後も「論理的思考」「創造性」「コミュニケーション」「問題解決力」の4つの要素を主軸に、主に未就学児から小学校低学年の子どもたちを対象とした、理想の学びを提案して参ります。今後の活動についてはFacebookで随時更新しています。

E4T will propose innovative learning ideas mainly for preschoolers and children in primary stage of education. E4T stands on four pillars, namely “logical thinking”, “creativity”, “communication”, and “problem solving” capabilities. Please check the E4T Facebook page for future updates.

 

★次世代幼児教育研究プロジェクト公式HP

Early Education For Tomorrow (E4T) project website: https://www.e4t.jp/

★公式Facebook

E4T Official Facebook page: https://www.facebook.com/E4Tproject/

top of the page

キャンドルウィック、在日英国商業会議所(BCCJ)主催の ボリス・ジョンソン英外務大臣インタビューセッションに出席 
Candlewick attends Interview with UK Foreign Secretary Boris Johnson hosted by British Chamber of Commerce in Japan (BCCJ)

721日(金)、在日英国商業会議所(BCCJ)主催によるボリス・ジョンソン英外務大臣の訪日を歓迎したインタビューセッションがシャングリ・ラ ホテル東京にて開催されました。イベントにはBCCJメンバーならびに招待客合わせて140名以上が参加し、EU離脱後の英国の展望や日英関係、また2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどに関するジョンソン氏のお話に耳を傾けました。

On Friday, July 21, the British Chamber of Commerce in Japan (BCCJ) welcomed UK Foreign Secretary Boris Johnson to the ballroom of the Shangri-la Tokyo for an interview on topics ranging from expectations for a post-Brexit UK, ongoing Japan–UK relations, and the potential of the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games.

 


BCCJ
の運営委員である弊社代表のシルベスタ 典子も招待され、スタッフと共に出席しました。インタビューの前にジョンソン氏と握手をさせて頂きました。(下写真左)

Candlewick’s Managing Director, Noriko Silvester, a member of the BCCJ Executive Committee, was pleased to attend the event, along with several staff members, and honored to have the opportunity to shake hands with the Foreign Secretary prior to the interview.

スピーチでジョンソン氏は、「日本との素晴らしく特別な政治的、商業的、および経済的関係」を推進するBCCJ関係者の尽力に感謝の意を示されました。またここ1年間で英国の個人投資が2,200件と過去最高を記録したことについて触れました。

Johnson thanked BCCJ members and guests, over 140 of whom were in attendance, for all they do to promote “the fantastically special political, commercial and economic relationship with Japan.” He added that the UK had seen 2,200 individual investments in the past year, the highest number to date.

 

英国のEU離脱に関しては、ジョンソン氏はマイナスな報道や見解には目を向けず、その利点に焦点を置くよう参加者を促した上で、「(EU離脱は)世界に背を向けることではなく、これまで以上にその扉を開き、世界との関係を築いていくことであるということを示していかなくてはなりません。」と述べました。また「日本はその商業的な野心と素晴らしい成功を遂げた国であり、島国がグローバルになりえることを教えてくれた。私たちも同じ島国であり、日本と共にその成功に向かって行動する必要がある。」とコメントしました。

On Brexit, Johnson encouraged the audience to focus on the positives and move away from the negative press and doomsday attitude, adding “We need to show [Brexit is] not about turning away from the world. It’s about being more open, more engaged in the world than ever before.” He added, Japan has showed how an island country can become truly global in its commercial ambitions with incredible success, and we need to work with Japan to do just the same.”

 

参加したキャンドルウィックのメンバーは、貿易、外交、現在の複雑な市場に関する知識を広げるために、外務大臣のインタビューを熱心に聞き入りました。今回学んだ知識を仕事にも活かして、クライアントを成功に導くことができるよう邁進していきたいと思います。

Candlewick was eager to hear from the Foreign Secretary as part of our continued effort to expand our expertise on foreign trade, relations, and the ongoing complexities of the market. We look forward to transforming this knowledge into additional support for our global roster of clients.

 

★About BCCJ  https://www.bccjapan.com/

★Interview Summary https://www.bccjapan.com/news/2017/07/boris-johnson-bccj/

Photos courtesy of Life14.

top of the page